現役女子大生でセクシー女優デビュー 竹田ゆめの夢は「母に家をプレゼント」

22歳、大学に通いながらAVデビュー。知的な彼女に直撃取材。

 

■SODstarに選ばれたのはびっくり

竹田ゆめ

大手メーカーであるSOD社の「看板女優」、SODstarとしてのデビューは、撮影現場で決まったのだそう。

竹田:紗倉まなさんや白石茉里奈さん、戸田真琴さんなど周りがスターすぎて、「私、完全に場違いだろ…」って思いました。先日、SODstarのみなさんが集結する秋葉原ジャック的なイベントがあったのですが、「なぜ私がこんなすごい人たちの中にいるのか…」って。


でも、先輩の女優さんたちはみなさんとても優しくて。集まってくれたファンの方たちも、冷や汗で手が冷え切ってる私と握手して、「手が冷たくなってるね、頑張ってね」など声をかけてくださって、心が温まりました。


 

■特技は漫画! コミケ参加経験も

そんなゆめちゃんの特技は、漫画。昔から趣味で描いていて、コミケに出展した経験も。AV撮影での経験を4コマ漫画にしてツイッター投稿したところ、ファンからかなり反響があったそうだ。

竹田:AVのお仕事をきっかけに、テレビの深夜番組やバラエティとかにも出てみたいですが、特技の漫画を活かしていけたらな、とも思います。名前が「竹」田なので、私のキャラは「パンダ」なのです。

次ページ
■10月にはイベントも?

あなたにオススメ