二度と呼びたくない! ママ友家族とのイラっとした食事会3選

家に招いての食事会で、失礼な行動を取ってくる人も。

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

仲の良いママ友同士であれば、お互いの家に招きあってちょっとした食事会をすることもあるだろう。

だが、その食事会がきっかけとなって関係が不仲になることも。しらべぇ取材班は、母親の女性たちに話を聞いてみた。


 

①手土産や夕飯代を気遣う姿勢がない

「子供と同じ幼稚園のご家族なんですが、家のキッチンが火事になり使えないとかで、近隣のママ友たちで順番に、その一家を招いて夕飯をするという面倒な展開に…。


うちも仕方なしに招待したんですが、手土産はないし、夕飯の材料代も払う素ぶりはなく、たらふく食べるし。好意とはいえ、礼儀もなく甘えまくる姿勢にドン引きでした」(女性・36歳)


 

②出された料理を「美味しくなかった」と言う

「奥さんが毒舌というか、ズバズバ言う自分が面白い…と思っている人で。彼女一家を招いて食事をして、後日、共通の友人が『○さん(私)の料理美味しかったでしょ?』と聞いたら…。


私が目の前にいるのに、『味付けが甘ったるくてさ! いまいちだったかな』と。手作り料理をけなされるのは傷つくし、嘘でも美味しかったと言ってほしかったです」(女性・33歳)


③マットを汚しても謝罪しない

「うちで焼肉パーティーをしたんですが、子供がタレをこぼして、マットに大きなシミをつけました。ここで謝罪があれば、『気にしないで』と言えましたが…。


彼女とその旦那は『子供がいるとこれだからやんなっちゃうわよね〜』と言うだけで、ごめんねの一言もなし。この一家とは関わるのやめよう…と思いましたね」(女性・34歳)


▪️ママ友付き合いはしんどい!

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の子どもを持つ女性351名を対象に「ママ友付き合い」について調査したところ、半数以上のママたちが「正直疲れる」と回答した。

ママ友

とくに家というデリケートな場所で食事をともにするとなると、なにかとイラっとすることがあるようだ。

自宅にお呼ばれした時には、「親しき中にも礼儀あり」を意識して、きちんとした行動を心がけたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→一生のトラウマに!「夫の不倫相手」が妻にやらかした最低行動

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の出産経験のある女性371名(有効回答数)

あなたにオススメ