『コード・ブルー』藤川、一命を取り留める 死亡フラグ回避に安堵の声

『コード・ブルー』藤川が死ぬ…!? そんな不安が解消され、ファンも安堵。以前にも彼氏が死んでいた冴島の気持ちを想像する人も。

コード・ブルー

山下智久、新垣結衣など豪華キャストが多数出演するドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)。

18日、3rdシーズンの最終話が放送された。前回、「死亡フラグ」がびんびんに立っていた藤川(浅利陽介)だったが、幸いにもなんとか一命を取り留めることに。


 

■なんとか一命を取り留める藤川

前回に引き続き、開通間近の地下鉄崩落現場での救助にあたった救命の面々。しかし、地盤の問題なのか消防の安全確認の問題なのか、作業中に地下水が滴り落ちる事態に。

藍沢(山下)がそれに気付くもすでに遅く、次の瞬間には新たな崩落が起き、二次災害が発生。藍沢や、その近くにいた雪村(馬場ふみか)らはすぐに立ち上がるが、藤川が大きな瓦礫の下敷きになってしまう。彼は、事故現場にいた子供をかばって下敷きになったのだ。

自身が重傷を負いながらも、子供に対して明るく接する藤川。彼らしさが、思わず涙腺を刺激する。

その後、異変に気づいた藍沢、冴島(比嘉愛未)がその場所へ行くものの、瓦礫が大きいため出すことができない。レスキュー隊が対応するも、このままではリミットがきてしまい、病院に搬送している間に脚が壊死してしまう……

ここで、藍沢が決断。脚に流れた血液を心臓に戻さず、そのまま捨てることで、壊死を防ぐようにしたのだ。その分、心臓に負担をかける処置だったが藍沢の神の手により成功し、藤川は脚も命も無事に救命に帰れることに。


 

■安堵の声、広がる

「メインキャストが死ぬことはさすがにないだろう」……そんな風には思いながらも、これまで恩師・黒田先生(柳葉敏郎)の腕が切り落とされるなど、ときには非情で悲しい、そして現実的な描かれ方をしてきた本作。

それだけに藤川の命を心配していた人も多かったようで、ネット上では安堵の声が広がった。

https://twitter.com/821_0512/status/909832847384391680

https://twitter.com/nyh_8/status/909823736500559872

次ページ
■藤川が死んだら…ファン愛がスゴすぎる

あなたにオススメ