日めくりカレンダー発売の「ひふみん」 本業を知らない人がいる?

ひふみんこと加藤一二三九段の日めくりカレンダー発売が決定! ところで本業って…?

エンタメ

2017/09/20 19:00

 

■ひふみんが将棋棋士だと知っている?

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代~60代の加藤一二三九段を知っている人に、同九段が将棋棋士であることを知っているか調査。

結果、「知っている」と答えた人は86.8%。ほとんどの人が「知っている」と回答しているが、13.2%は棋士であることを知らなかった。むしろこれは、多方面での活躍を物語る数字と考えるべきなのだろうか…。


 

■「勝負師」エピソード

昨今は「人の良いおじいちゃん」の加藤九段だが、かつては「勝負師」として、特異なエピソードが多かった棋士である。

将棋ファンのSさんに、有名なエピソードを語ってもらった。

①滝を止めさせる

「対局中、人工滝の音にイラっときた加藤九段は、「あの滝を止めてくれ」と注文。普通は我慢してしまうものですが、勝負にこだわる加藤九段はストレートに怒りをぶつけました。


ちなみに、羽生善治二冠も同じことをしています。一説によると、加藤九段の話を参考にしたとか」


②コンピュータにストーブで対抗することを提案

「棋士とコンピュータソフトが戦う電王戦で、必勝法として『熱に弱いからストーブを当てる』と提案。天才すぎる手段だと話題に」


③対局中にタクシーを呼ぶ

「引退対局となった今年の高野智史四段戦で、局面が『投了やむなし(勝ち目がない)』の場面で長時間離席。戻って投了すると、感想戦をせずタクシーに乗って帰ってしまいました。


離席中タクシーを呼び、到着したところで投了し帰宅したようです。こんなことは前代未聞」


現役棋士を引退し、活動の場を広げつつある加藤九段。これからもまた、多くの伝説を残してくれそうだ。

・合わせて読みたい→藤井聡太四段で注目の『勝負メシ』ビギナーが疑問に思うこと4選

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日
対象:全国20代~60代の加藤一二三九段を知っている人1082名(有効回答数)

あなたにオススメ