男女の「Hのギャップ」を描く セクシー女優・明里つむぎ、ミオヤマザキ原作ドラマに主演

人気ロックバンド『ミオヤマザキ』の歌をテーマにしたツイッター連続ドラマだ。

 

■男女のギャップは実際あるもの?

明里つむぎ

「性にまつわる男女間の意識差」は、しらべぇの数々の調査結果でも明らかとなってきた。つむぎちゃんが演じたストーリーも、リアリティあるものだったのだろうか?

明里:10個ある中で、「男性のモノが小さすぎて、入ってるのか入ってるかわからない」というネタは、さすがに経験したことがないです(笑)


でも、それ以外は結構リアルに「あるある」ですね。女性の方には、納得していただけるかと。撮影のとき、男性スタッフさんたちが「これ言われたら落ち込むよね…」と話していましたが、男性はグサグサきちゃうかもしれませんね。


 

■「上手い」と思ってる男性ほど見るべし

明里つむぎ

つむぎちゃん自身が、このドラマのように「自分のしてほしいこととギャップがある男性」とすることになったら、どう思うのか、聞いてみたところ…

明里:私はあんまり凹んだりしないタイプなので、10個のポイント全部がダメだった男性としても、そんなに表に出ないと思います。


関係性が深い相手なら「もっとこうしてほしい」って言えますけど、そうじゃなければこのドラマの主人公みたいに演技しちゃうかも。


そういうのを勘違いして「俺、エッチ得意!」って思っちゃう男性って、少なくないのかもしれません。ご自分で「上手い」と思ってる男性ほど、見ていただきたい作品です。

次ページ

あなたにオススメ