しらべぇ

紗栄子の「1歳終わりから英語教育」を林修氏が否定 「正論すぎる」と称賛の声

子供には1歳の終わりから英語教育をしている紗栄子を、林修氏がバッサリ否定した。

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

親にとって、子供には明るい未来をもってもらいたいもの。そのため、世界で通用する人物になるよう、英語を学ばせる親も少なくない。しかし、詰め込みすぎた教育は効果をもたらさないことも…。

24日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で、タレント・紗栄子(30)が語った教育論が、予備校講師でタレントの林修氏にバッサリと否定され、話題を呼んでいる。

 

■1歳から英語教育させる

番組では、渡英を数日後に控えた紗栄子が出演し、9歳と7歳の子供たちの教育について問われる場面が。

「お子さんへの英語教育は?」と聞かれた紗栄子は、「1歳の終わりからしています」と述べ、その理由について、「コミュニケーションツールとして、英語をもっていることは強みになる」と発言。徹底した教育ママぶりを語った。

 

■紗栄子の教育方針をバッサリ

しかし、林氏は「子どもに早期英語教育をやらせている東大出身の親に会ったことがない」と紗栄子の教育をバッサリと否定。林氏の持論によれば、英語ができる親ほど子供には英語を早くからやらせないという。一方、英語ができない親ほど、子供に英語をやらせようとするというのだ。

また、林氏は英語ができればすべてができると勘違いしている風潮についても、「物差しが狂っている」と強く持論を展開。英語だけでなく、あくまでも本人の思考力の高さが重要だと述べた。

 

■学歴コンプレックスがある親ほど英語を重視?

林氏の発言を受け、ネット民からは共感の声が。中には、紗栄子と同じように幼児期から英語を詰め込む姿勢について「子供がかわいそう」「林先生が言いたいことを言ってくれた!」といった厳しい意見も見られた。

・芸能人の子供って早期英才教育やって名門幼稚園に入れてる割には一流企業に勤めるわけでもなく、親のスネかじりが多い印象。
やっぱり本人次第なんですかね

 

・同感。学歴コンプレックスをもってるような親ほど、早くから英語を習わせる傾向があるように感じる

 

・語学が出来たら仕事が出来るは成り立たない。ただ、ネイティヴに近い美しい言葉を話す為には、幼児からの教育が欠かせない。経験上、そう思う

 

共感の声が多くあがる中、「一生海外で過ごすなら早期英語も悪くないと思う」「仕事の能力に関係なく、英語ができるに越したことはない」との意見もあがった。

 

■およそ半数が英語に苦手意識アリ

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,348名に「英語に対する意識」について調査したところ、およそ半数が「苦手意識をもっている」と回答。

コンプレックスがあるからこそ、英語ができることを良しとしすぎる風潮があるのかもしれない。

 

家庭の数あれば教育の数があり、どの方法が正しいということもないだろう。ただ、英語だけを盲信するという姿勢は良くないのかもしれない。

・合わせて読みたい→紗栄子、息子たちを寮に入れて新生活 夜を楽しむ姿に非難の声も

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集