「セレブ自慢」にイラッ…女同士の熾烈なSNSマウンティング

とくに女性は、SNSでの「リア充投稿」に厳しい人も多いようです…。

sirabee0911setouhisumaho001
(©ぱくたそ)

SNSを利用している人の多くが、写真付きの「リア充投稿」を見たことがあるだろう。

発信している本人は何気ない近状報告をしているつもりでも、見ている側は不快に感じることもあるらしい。


 

■女性は投稿に厳しい?

しらべぇ編集部では、全国20代〜60代のSNSユーザー517名を対象に、「SNSに『リア充写真』を投稿する人を見ると不快に思うか?」調査を実施。

その結果、約4割が「思う」と回答。男女別にみると、

sirabee0911setouhisumaho005

女性のほうが約5ポイント、不快だと考える割合が高い結果に。「この投稿は、単なる自慢話なのでは?」など、ジャッジが厳しい人もいるのかも。


 

■マウンティングに警戒も?

性年代別にみると

sirabee0911setouhisumaho002

20代女性の割合がもっとも高く、約半数の女性が「不快」だと回答。

若年層は、「SNS用写真映え」を重視して「女子会」風景を撮影したり、「華やかなパーティーシーン」を投稿する人も多いだろう。

そうした豪華な食事や生活ぶりを投稿する友人の投稿を見て、「自分より良い生活をしている」と嫉妬心が生まれて不快に感じるのか、もしくは「マウンティングされている気持ち」になるのかも。

また、40代男性のみ17.5%で「不快率」が2割を切った。


■結婚・出産に関する投稿にイラッ

「売れないアイドルだった知人が玉の輿に乗り、一気にセレブに。インスタで『#プレ花嫁』というハッシュダグを付け、ひたすら結婚式について書き込んでいるところまでは、まだ良かったんです。


しかし、挙式後には『#先輩花嫁』というハッシュダグに変化し、誰にも頼まれていないのに『私の結婚式の時は…』と、挙式時のウェディングドレス姿を毎日何枚も載せまくりタイムラインを埋める事態に。


さらに妊娠が判明すると『#妊婦コーデ』がメインのハッシュタグに。高級マタニティウェアを着倒し、妊娠中のお腹をアップで撮影して毎日投稿。そんなに毎日、お腹の大きさに変化ないだろ…と、友人間のツッコミが絶えません。そんな彼女には、『脳内お花畑』というあだ名がついてます」(27歳・女性・ネイリスト)


■「俺の彼女、最高」投稿がウザい

「スタイルが良くてかわいい彼女をゲットした友人。インスタやFacebookで仲睦まじい姿を投稿しており、はじめは普通に『いいね』してました。


それが次第に、『ちょっとこの写真は生々しい…』と思うような濃厚なキス写真や、ボディタッチが激しい写真を投稿するように。毎回『生涯、愛し抜く』みたいなポエムがキャプションについていて寒いし、2人だけでやってろよ…という世界観で、まじ勘弁」(33歳・男性・会社員)


SNSは、ルールを守れば、どのような画像を投稿しても個人の自由。 だが、ドン引きされているケースもあるようなので、注意が必要だ。

・合わせて読みたい→あるあるすぎる 女子たちが一斉暴露する「正直不快なSNS投稿」24連発

(文/しらべぇ編集部・瀬戸内レモン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代〜60代のSNSユーザー517名(有効回答数)

あなたにオススメ