留学資金を貯めるため? 半年限定でデビューした新人セクシー女優・望月あられに直撃

都内で服飾デザインを勉強中の20歳。目標はイタリア留学の資金だという。

望月あられ

「半年間の期間限定」で、とっておきの美少女がAVの世界に舞い降りた。10月5日に『君に惚れた(キミホレ)』からデビューする望月あられちゃんは、20歳の女子大生。

なぜ彼女は脱ごうと思い至ったのか、しらべぇ編集部は本人を直撃した。


 

■服飾デザインを勉強中

望月あられ

あられちゃんは、静岡県伊豆の出身で、大学進学と同時に上京。「伊豆で育ったので、やっぱり温泉は好きですね」と笑う。

望月:ファッション関係の勉強をしていて、将来はデザイナーになりたいと思っています。服飾デザインを学ぶなら、「最先端のイタリアに留学したい!」と考えて、その資金を貯めようと思ったんです。4月から留学の予定なので、AVは「3月までの半年間だけ」って決めてます。


手っ取り早くお金を稼ぐなら、キャバクラや風俗などの仕事もありそうなものだが…

望月:学校が結構忙しいので、「短い時間で稼げる仕事」を考えました。留学のためだから、学業第一でいきたくて。


 

■初めての撮影は緊張したけど…

望月あられ

あられちゃんは、男性経験1人だけでのAVデビューだが、初めての撮影はかなり緊張したようだ。

望月:専属でのデビューが決まったのは光栄で、嬉しかったですが、撮影前はやっぱりすごく緊張しました。


でも、現場に入ったら想像していたよりカメラや機材も大掛かりだし、スタッフのみなさんも優しいし、「自分ひとりのためにこんなにしてくれるんだ」と思って。「どんなことされるんだろう」って不安だったけど、とても気を遣ってもらいました。


とはいえ、今まで3作品を撮影しましたが、まだまだ慣れませんね(笑) でも、最初はどう撮られてるかもわからず無我夢中だったけど、ようやくカメラを意識できるようになってきたかも。


次ページ
■限られた期間にファンと交流したい

あなたにオススメ