GACKT「自分のブサイクさが許せなくて」 悔しすぎるあまり仰天行動に…

『スッキリ!!』に出演したGACKT。スノボで転んでしまったことに悔しがり、その後にとった仰天行動が話題に。

(画像はTwitterのスクリーンショット)

肉体改造や美貌の維持など、ストイックすぎる歌手として知られるGACKT(44)。

自らに甘さを許さない徹底ぶりが評判の彼だが、28日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)で明かしたエピソードが「スゴすぎる」と話題になっている。


 

■悔しさゆえの仰天行動

番組にVTR出演したGACKTは、悔しかった出来事についてのクイズを形式で発表した。GACKTは以前、スノボに行った際に思うように滑ることができずに転んでしまったことがあったという。

うまく滑ることのできなかった自分への悔しさゆえか、「あまりの自分のブサイクさが許せなくて」と歯ぎしりをして、下の歯を折ってしまったそう。そのあとは瞬間接着剤でくっつけて、そのあとも何事もなかったようにスノボを再開したとのこと。

GACKTはこの出来事を振り返り、「体の痛みは我慢できるけど、心の痛みは我慢できない」との言葉を残した。

このエピソードにスタジオは、「そんなに悔しかったんだ…」「『バキ』の世界だよ」と衝撃を受けたようだった。


 

■驚愕するネット民

この話を受け、ネット民からはさまざまな声があがった。


■男性の3割はブサイクを自覚

ブサイクな自分が許せないとの理由から、歯を折るほど悔しがったGACKT。「美しくありたい、かっこよくありたい」という気持ちが人一倍強いのだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,413名に「自分の評価」について調査したところ、男性の3割以上が「ブサイクだと思う」と回答。

男性の3人に1人はブサイクである自分を受け入れているようだ。


過酷なトレーニングを自分に課し、常にかっこいい自分を追い求めているGACKT。女性のみならず、男性も憧れる理由が垣間見えた。

・合わせて読みたい→GACKTが「ブランド志向の若い女性」をバッサリ! その理由に共感の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん


【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日
対象:全国20~60代の男女1413名(有効回答数)


あなたにオススメ