小籔千豊が教師の権利に持論 「職員室呼び出してボッコボコ」に賛否両論の声

福岡市の私立高校で起きた、1年の男子生徒が授業中に教師に暴行を加えて逮捕された事件。教師の権利について、小籔千豊が持論を展開。

(画像はInstagramのスクリーンショット)

福岡市の私立高校で起きた、1年の男子生徒が授業中に教師に暴行を加えて逮捕された事件。他の生徒がその様子を動画で撮影し、ネット上にアップしたことから瞬く間に拡散され、大きな注目を集めていた。

この件について、3日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、お笑い芸人・小籔千豊(44)が語った持論が話題を呼んでいる。


 

■「もう少し先生にどつく権利を」

番組では、この事件について出演者たちが議論を展開。その中で、小籔は「生徒ばかりを責めるのはちょっとどうかなと思う。今まで先生たちに権限を与えなかった風潮がこうさせている」と主張した。

さらに「怖い体育の先生3人ぐらいで(生徒を)呼び出して、ビンタ、どつき返すこともやって、更生のチャンスを与える」と持論を展開。一方で、権限を与えすぎると生徒を罰を与えすぎる教師が出てくる可能性もあるとしつつ、「もう少し先生にどつく権利を」と語った。

そして、「職員室に呼び出してボッコボコでも僕はいいと思います」と締めた。


 

■「正当防衛の権利を」の声

小籔の主張に、ネット民からは共感の声があがった。その中でも「体罰はOK」と主張する人もいれば、「体罰はダメ。でもやられたらやり返すのはOK」との意見もあるなど、その力の行使の幅についてはさまざまなようだ。

・2、3回注意しても効かないなら、体罰をする権利だって与えて良いと思う。じゃないと、ほかの生徒にも迷惑がかかる


・昔は体罰も許された。先生たちが威厳をもたないと生徒にナメられる


・無抵抗では先生きついよな。過剰防衛はダメだけど、せめて正当防衛の権利は与えてやらないとな


・体罰を認めてはいけないけど、先生にもやられたらやり返す権利を与えないと…。このままだと教師をやりたいって言う人がいなくなる

次ページ
■「教室監視システムを展開すべき」の声も

あなたにオススメ