真矢ミキ、高卒認定合格までの秘話を告白「弱音を吐きました」

『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)の記者会見で女優・真矢ミキが高卒認定試験の苦労を語った。

2017/10/04 18:00

10月7日22時40分にスタートのドラマ『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)の記者会見が都内某所にて行われ、主演を務める真矢ミキ(53)と、出演者の吉本実憂(20)、本仮屋ユイカ(30)が登場。

今年9月に、自身が司会を務める番組『ビビット』(TBS系)で「高卒認定試験」合格を明かした真矢が、知られざる苦労を語った。


画像をもっと見る

 

■朝の番組と勉強の2足のわらじ「弱音吐きました」

(九十九さくら役の真矢ミキ)

女優業、司会者など、多岐にわたる活躍を見せる真矢。中学卒業後は宝塚音楽学校に進学したが、当時の同校には高校卒業資格取得の制度がなく、その結果、高校卒業の資格を得ていなかった。

今年の頭から試験勉強を始めた真矢だが、その道のりは正直かなり過酷だったようで、

「私、あまり弱音ははなかいタイプなんですけど、弱音は2回は吐きました」

 

と告白。そして、

塾では大人らしからぬ態度をとってしまったり、授業を受けているんですけど逆ギレしたり、ほんとに自分が情けなくって」


などと、当時の切羽詰まった状況を振り返った。


関連記事:入矢麻衣、YouTubeに参戦 「NGなし」「何でも挑戦します!」

 

■家庭や社会での居場所に苦しむ子たちへ

(二宮あざみ役の吉本実憂)

そんな彼女が主演する『さくらの親子丼』は、無料で親子丼が食べることができる、一風変わった古本屋「九十九堂」が舞台。真矢は店主の九十九さくらを演じ、物語は吉本演じる不良少女・あざみが店を訪れることから始まる。

そこでは、あざみと同じように親子丼を食べる若者たちの姿が――彼らは親に捨てられ、社会で居場所をなくしている境遇の持ち主だった。

(九十九恭子役の本仮屋ユイカ)

女優としてだけではなく、「女性が選ぶカッコイイ女性有名人」や「理想の上司」などで上位にランクインするなど、そのキャラクターが多くの人に支持される真矢。そんな彼女の深い魅力が、ふんだんに見られる作品になりそうだ。

・合わせて読みたい→味は親子丼、でもヘルシー! 宮城名物「油麩丼」を知っているか!

(取材・文/しらべぇ編集部・ガガ

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

吉本実憂真矢みき本仮屋ユイカ土曜ドラマ『さくらの親子丼』
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング