デビュー20周年のセクシー女優・風間ゆみ 「今でも撮影前は緊張します」

38歳で『マドンナ』専属女優となった風間ゆみさん。輝きを増すセクシーな魅力に迫る。

風間ゆみ

風間ゆみさん、38歳。1997年にAVデビューし、今年20周年を迎えるセクシー女優だ。長い活動期間の間、彼女の名前を聞いたり、作品を見たことがある人も少なくないだろう。

なぜ、ゆみさんは、これほど長きに渡って第一線で活躍し続けているのか。しらべぇ取材班が、話を聞いた。


 

■「あっという間の20年」だった

風間ゆみ

10月25日でデビュー20周年のゆみさんは、「気づいたら、あっという間の20年でした」と微笑む。

風間:業界のお友達でも、私のように「20年ずっと」っていう女優さんは、珍しいかもしれません。このお仕事や業界が好きなんでょうね。「辞めよう」と思ったことも、一度もありません。


私、「目標を決めて頑張ります!」みたいなタイプではないので、本当に「気づいたら20年経ってた」って感じなんですよ(笑)


 

■15周年のサプライズに感激

長いキャリアの中で、「いちばんびっくりしたこと」「嬉しかったこと」をそれぞれ聞いてみたところ…

風間:25、6歳くらいの頃かな、昨年亡くなった紅音ほたるさんと初めて共演したとき、「潮吹き」というのを初めて見たのはびっくりしました。今はできる女優さんが多いですけど、彼女は当時それで有名だったんですよね。「うわっ! これか!」と思ったのを覚えています。


嬉しかったのは、15周年のとき、ファンの方を15人くらい限定でお招きしてイベントをしたのですが、そこに全くのサプライズで仲良しの女優さん3人が来てくれて。嬉しくて、ちょっと泣いてしまいました。

次ページ
■20年目で初めて「専属女優」に

あなたにオススメ