しらべぇ

『名探偵コナン』作者・青山剛昌、コナン制作秘話激白 「ライバルは金田一少年」

嵐・二宮和也の『ニノさん 偉人の隣人』で『名探偵コナン』作者・青山剛昌のトリックネタ会議に密着!

エンタメ

アニメ化20周年を迎えた『名探偵コナン』(日本テレビ系)。奇想天外なトリックでファンを惑わすこの作品の裏側を、作者・青山剛昌の担当編集者が激白した。

世界25の国と地域で翻訳、コミックスの全世界累計発行部数2億冊。劇場版21作の興行収入は約690億円を記録する国民的作品の裏側が語られ、ファンから歓声が挙がっている。

(画像は江戸川コナン公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■コナンのライバルはあの作品

嵐・二宮和也(34)が司会を務める『ニノさん』(日本テレビ系)。8日の放送『偉人の隣人』では、偉人の隣にいた「隣人」から偉人のエピソードが明かされるのだが、コナン作者・青山の担当編集者が隣人として登場。

掲載誌である週刊少年サンデーのライバル誌・週刊少年マガジンの人気作『金田一少年の事件簿』に対抗して『コナン』が誕生したと語った。

 

■1ヶ月、閉じこもって作品作り

作品の肝となるトリックや事件の動機を生み出す「トリックネタ会議」は、ハンドスピナーや逆向きに閉じる傘など流行りのモノを持ち込んで、1ヶ月に一度、12時間かけて行われる。

1日の睡眠時間は3時間、1週間にわずか4時間しかないプライベートタイムでは、タブレットPCでゲームに興じる。ほとんど外出はせず「1ヶ月丸々閉じこもっている」こともあるという。

好物は「松屋のカレー」。差し入れで持ち込むと大喜びすると明かされると「安上がりな人ですね」とスタジオが沸いた。

 

■青山本人が登場

ここで「たまたまスケジュールが上手くいった」青山本人が登場し、スタジオは騒然。テレビにほとんど出演しない青山の姿に、視聴者から歓喜の声が漏れた。

また、コナン役の声優・高山みなみ(53)と青山は元夫婦。2人のニアミスに興味を覚えたファンも多い。

■仕事が大好きなのは8.4%

しらべぇ編集部で全国20〜60代の有職者620名を対象に「仕事が好き」かどうか調査、「大好き」と回答したのはわずか8.4%だった。

仕事が「大好き」な少数派に当てはまる青山は、以前「楽しくなきゃやらない」と語っていた。

自分が楽しめることを仕事にし、名声と富を手に入れた青山剛昌。子供だけでなく、大人をも笑顔にして食べる「松屋のカレー」は最高に美味に違いない。

・合わせて読みたい→『声優総選挙』上位はベテラン独占 「大人の事情」にファン激怒

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の有職者620名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu