秋といえば焼きいも! …をドリンクにしたらこうなった

ハウス食品から10日発売された、焼きいもドリンク。そのお味は…

グルメ

2017/10/10 10:00

寒い時に食べたい、ほっくほくな焼きいも。あの甘さと、ねっとりとした食感がたまらない。

そんな焼きいもを、ハウス食品が「ホットドリンク」にしてしまったというのだ。なんで飲み物にしようと思ったんだ…。


画像をもっと見る

 

■焼きいもだより

それがこちらの、『焼きいもだより』。

焼きいもが前面に押し出されたパッケージは、(怖いもの見たさで)ついつい買ってしまうかも。

原材料名にある、「サツマイモエキス」ってなんだろう…気になる。カロリーは1本飲んで94kcalと、意外に高くない。


関連記事:駅自販機に約2倍の料金とる「世界一のジュース」登場 その味に衝撃…

 

■ふたを開けると「焼きいも」!

いざ飲んでみよう…とふたを開けたら、焼きいもの匂いが! 目をつぶって匂いだけ嗅いだら、騙されるレベルだ。

少しとろみがかった、黄色〜オレンジ色の液体。漂う、焼きいもの香り。

実際に飲んでみると、ブワッと甘みが広がってくる。そして、香ばしさが口の中に残って…すごい、焼きいもだ。

冷めると甘みが立ちすぎるので、温かいうちに飲みきるのがオススメ。冷めてしまったら、レンジで温め直したほうがいいかも。


■本物と比較!

本物と比べるとどうなの? ということで、焼きいも(本物)を用意。

本物の焼きいもは、ねっとりとした食感と甘さが混ざり合い、「ああ、冬が来たな…」としみじみしてしまう。

しかし『焼きいもだより』だって負けていない。というか、結構近い。

ただ、頭の中が「これ、ドリンクだけど…焼きいも…だよな…」とちょっと混乱してくる。焼きいもだけど、液体。液体だけど、焼きいもの味なのだ。


この気になりすぎる『焼きいもだより』、10日からサツマイモの産地として有名な川越駅で先行発売され、17日からJR東日本駅構内の自販機で販売されるそう。

変わったドリンクが好きな人も、焼きいも好きも、かなり満足できそうな1本。見かけたら、勇気を出して買ってみては?

・合わせて読みたい→【要注意】電子レンジでチンしちゃいけない食べ物たち 上手にレンジを使う3つのコツも!

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

この記事の画像(7枚)