しらべぇ

即離婚を決意したケースも! 最悪すぎる結婚記念日3選

結婚記念日に必ずお祝いをするべきだと思う人は多いが、最悪なものになることも。

男女

(TakakoWatanabe/iStock/Thinkstock)

「結婚記念日」は、他人であった男女が晴れて家族になった大切な日。夫婦で「お祝い」をする人も多いだろう。

しかし、年数を重ねると日にちを忘れてしまうケースや、知っていても「どうでも良くなる」ことも。本来なら、何年たっても結婚した日は祝うべきだと思えるのだが…。

世の夫婦たちは、結婚記念日についてどのように考えているのだろうか?

 

■結婚記念日に必ずお祝いをするべき?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代の既婚者697名に、結婚記念日に必ずお祝いをするべきだと思うか調査。

結果、「自分もそうだ」「共感する」と回答した人を合わせると、36.3%。さらに「理解はできる」答えた人は、54.8%。

じつに91.1%の人が、結婚記念日に必ずお祝いをするべきだという考えに、肯定的な意見を持っていることがわかった。

 

■最悪な結婚記念日3選

夫婦や家族で、お祝いする人が多いと思われる結婚記念日だが、なかには「最悪」なものも。

 

①義兄は覚えていたのに旦那は忘れていた

「新婚から2年目の結婚記念日だったのですが、近くに住む義兄が『今日結婚記念日だよね、晋ちゃん(仮名)とケーキ食べてね』と持ってきてくれたんです。

 

旦那が買ってくると思ったけど、断るのも失礼なのでとりあえずもらっておいたのですが、帰ってきた旦那は何も買って来ず、結婚記念日を忘れていた。離婚して義兄と一緒になろうかなと思った。

 

今も一緒に居ますが、あの屈辱は一生忘れない」(50代・女性)

 

②旦那が料理をしてくれるも大失敗…

「結婚記念日ということで、『今日は俺が料理をするから休んでいてくれ』と。その時点で嫌な予感はしていたのですが、案の定大失敗。

 

後片付けを自分がやる羽目になり、何が記念だか分からない結果に。まあ、夫婦の共同作業になっただけマシなのかもしれませんが」(30代・女性)

 

③結婚記念日に不倫発覚

「結婚記念日だから早めに自宅に帰って驚かせてやろうと、密かに半休をとり、家に帰ったら、玄関に男物の靴が。

 

『嘘だろ』と思いながら寝室に入ると、妻が見知らぬ男と寝ていました。即離婚。それがトラウマになって、現在も独身です」(40代・男性)

 

幸せな結婚記念日を送れるよう、努力したいものだ。

・合わせて読みたい→未婚率上昇でも…3割が思う「35歳超えて独身」はワケあり

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の既婚者697名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集