しらべぇ

清水良太郎容疑者の逮捕で「清水健太郎」が風評被害 トレンド入りする事態に

ものまねタレント・清水アキラの息子、清水良太郎が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。

エンタメ

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

警視庁目白署は11日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、ものまねタレント・清水アキラ(63)の息子でタレントの清水良太郎容疑者(29)を逮捕した。

 

■良太郎容疑者は容疑を否認

報道によれば、10日に「男に薬物を飲まされた」と女性から通報があり、警察官が現場のホテルに駆け付けたところ、良太郎容疑者の尿から覚醒剤の陽性反応が出たという。良太郎容疑者は「使った覚えはない」と容疑を否認しているようだ。

また、ことし2月には違法カジノに出入りしていたとして違法賭博疑惑で芸能活動を休止していた良太郎容疑者。4日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ系)に出演した際は「皆さまから信用していただけるように、『あいつはテレビに出たほうがいい』と言ってもらえるようにこれからも頑張ります」とアピールしていた。

 

■「父親の面汚し」と厳しい声も

報道を受け、ネット民からは怒りの声が。「これだから二世は」「父親の面汚し」と厳しい批判の声が相次いでいる。

 

■なぜか清水健太郎に風評被害

また、一部では俳優・清水健太郎(65)が逮捕されたと勘違いするネット民も。

健太郎といえば、過去に何度も覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されており、ネット上ではそのたびに「またか…」との声があがっている。

良太郎容疑者とは名字を含めた名前が似ていることもあり、「また健太郎かと思ったら違った…」といった声が。その影響か、ツイッターのトレンドにも入る事態になっている。

 

■二世タレントの親は甘すぎる?

良太郎容疑者の逮捕を受け、「親の教育が悪い」「二世は甘やかされすぎ」と、父であるアキラの教育を非難する声も。「二世タレント=親が甘やかしている」とのイメージをもたれがちだが、世間はどう思っているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「二世タレント」についての意識調査をしたところ、6割以上が「親が甘すぎる」と回答。

年代が上がるにつれ、「親が甘い」と感じている傾向にあることがわかった。

 

今回の逮捕を受け、さらに信用を失っただろう良太郎容疑者。今後の芸能活動はどうなるのだろうか。

・合わせて読みたい→遠藤要と清水良太郎が違法賭博店に出入り!事後対応の違いに批判も

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集