「妊婦や産休育休社員ばかり優遇される」と不満の女性 「逆マタハラ」に賛否両論の声

体調不良で欠勤する妊婦に不満をもつ投稿者。「逆マタハラ」の訴えに、ネット民からはさまざまな意見が。


 

■「会社に責任がある」の声

また、妊婦を責めるべきではないとの声も。シフトを含め、職場の環境を管理するのは会社の義務のため、「妊婦に責任を押し付けるべきではない」との意見も見られた。

・気持ちは分かる。でも主の状況なら代わりの人材を補充しない会社も問題


・それは妊婦さんの責任じゃなく、会社の上司や人事部の責任じゃないですか?  妊婦が具合悪くなったりするのは予測できることで、それを承知で雇っているのだから、緊急時でもスムーズに穴埋めできる用意を怠っている会社が悪いのです。本当に困っているなら上司にご相談を


・主の言いたい事わかるけどさ、その妊婦社員のせいじゃなくて、そのシフトを許しちゃう会社と上司の管理能力がないだけな事に気付いて。 しわ寄せが来るのは大変だけど、本当に困っているなら上司に言うとか、残念ながら主が動かないとなにも変わらないよ


関連記事:妊婦にセクハラも! 被害女性たちが語る「マタハラ」の実態

 

■若い女性の半数が妊娠報告をためらう現状

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性361名に「妊娠の報告」について調査したところ、3人に1人が「報告をしづらいと思った経験アリ」と回答した。

働き盛りである2、30代では半数以上の結果に。


ひとりが抜けた仕事の穴を埋めるのはけっして容易ではない。そのため会社が子育てに対して、より理解を示すことが大切だといえる。

・合わせて読みたい→「妊娠で解雇」は違法も…まだ残る職場マタハラ根絶へ法改正進む

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の妊娠経験がある女性361名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)