「ブスだと思って自分を磨こう」 相席スタート・山崎ケイの『仮定ブス幸福論』に賞賛

伊集院光、足立梨花も絶賛。『俺の持論』で相席スタート・山崎ケイが語った「自分をブスだと仮定して」すべきこととは…

漫才の王者を決める『M-1ブランプリ2016』決勝に進出した男女コンビ・相席スタートの山崎ケイ(35)。

自身を「丁度いいブス」と評する彼女が14日深夜放送『俺の持論』(テレビ朝日系)に出演し、「仮定ブス幸福論」を披露。その内容に賞賛が殺到している。

(画像は相席スタート・山崎ケイInstagramからのスクリーンショット 山崎は左から2番目)

 

■自分が思っているよりブス

「美人ではないけど、ブスでもない」、そう思っている女性は多いが山崎は「思っているより、ちゃんとブス」と前置き。

鏡で見るいつもの自分は「ベストの表情」で、「電車などで、ふと窓に映りこむ気の抜けた姿」が真実の自分。「少なくとも、自分が思っているよりはブス」だと受け入れてほしいと語る。

その上で、「自分を『ブス』だと仮定して、中身を魅力的にする『仮定ブス幸福論』」を提案した。


 

■「小悪魔」ではなく「性格の悪いブス」

美人は頭が悪くても「天然」、性格が悪くても「小悪魔」と短所も長所に変換できるが、ブスは「バカなブス」「性格の悪いブス」と事実がそのまま事実として扱われる。

そこで「美人がやっていないことを、積極的にしなければならない」と山崎はブスの生き方を示す。

美人のカバンは小さく、ブスのカバンは大きい。ブスは自分のモノだけでなく、あらゆる事態を想定し「役に立てるモノ」を常備すべき。

また「トイレットペーパーを交換して徳を積む」トイレットペーパーチャレンジを提唱。

公共の女子トイレでトイレットペーパーが空でも、「誰も見ていないし、面倒だからいいか」で許されるのは美人だけ。ブスは率先して隣の個室の分も変えていく。

山崎はここに「自分ルール」を追加。1度交換で1ポイント、100ポイント貯めれば「幸せになる」と決めた。

次ページ
■「しなくちゃ」ではなく「していこう」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ