生活水準の格差、5割が「拡大」を実感 より危機感を覚えている世代は…

格差が拡大し、富が集中する社会は望ましいのだろうか?

2017/10/17 10:00

貧富
(tinnapong/iStock/Thinkstock)

かつて、「一億総中流」などと言われたのも今は昔。「格差社会」というキーワードは、2006年の新語・流行語大賞トップテンにノミネートした後、日本にすっかり定着した。

昨今は、セーフティネットが機能しないことで、貧困が連鎖して格差が固定化される「超格差社会」の危険性も指摘される。

では、実際に世間はどれくらい「格差」を実感しているのだろうか? しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女1,354名を対象に調査を実施した。


画像をもっと見る

 

■5割が「格差の拡大」を実感

格差

「生活水準の格差が拡がっている」と答えた人は、全体の5割に迫る。一方で、「狭まっている」という回答は2割を下回る。

格差社会は、流行語となった10年前よりもさらに拡大していると感じられているようだ。


関連記事:10代の2割が人の握った寿司に躊躇 受け取り方の世代格差が顕著に

 

■高齢者ほど格差拡大を実感

この調査結果を年代別で見てみると…

格差

「拡がっている」と答えた割合は、すべての世代で「狭まっている」という回答を上回る。

ただ、「狭まった派」がどの世代でも1割台にとどまっているのに対して、「拡がった派」は年代が上に行くほど着実に増加。

60代では5割を超え、20代と比較するとちょうど20ポイントの差が開いた。


■さまざまな格差をどう解消するか

生活の格差は、年収のみならず貯蓄・資産の有無、地域間の格差、正社員と非正規雇用、男女の賃金格差など、幅広く存在する。

中でも、「子供の貧困」によって教育の機会が奪われ、よりよい職を選べずに格差が固定化するような状況は、社会全体にとって不利益だ。

この週末に投開票を迎える衆院選、どの政党、どの候補者が具体的な答えを示してくれるのか。有権者の判断が試される。

・あわせて読みたい→「待機児童問題」は改善してる? ネトウヨ層の回答だけに異変が…

(文/しらべぇ編集部・大空晴太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

衆院選非正規雇用高齢者一億総中流格差社会子供の貧困貧困の連鎖生活水準
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング