Fカップのグラビアドラマー・大崎由希 ドラムの教官に「言葉責め」されて…

水着姿で激しくドラムを叩くシーンも収録!

音楽プロデューサー・中田ヤスタカのMV「Crazy Crazy」に出演するなどグラビアドラマーとして注目を集めている大崎由希ちゃんが、新作イメージDVD『セッション』(スパイスビジュアル)をリリース。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。


 

■指を咥えて海を眺めていた

11枚目となる今作は、6月に千葉県の九十九里浜で撮影されたもの。

「すごいリゾートっぽいホテルのある綺麗なところに連れていっていただいたんですけど、海には行けず、バルコニーから指を咥えて見てました(笑)」と思い出を振り返った。


 

■同名ドラム映画のオマージュ

タイトルである『セッション』は、ドラマーが主人公の同名の映画を意識した。あちら同様、厳しい教官のハードなレッスンに振り回されるという内容になっている本作。

「教官と私があんなことやこんなことになりながら、レッスンでしごかれてます。言葉責めもされますし、『このスカートはなんだ、脱げ!』みたいな、結構理不尽な責められかたをしてます」

と、映画『セッション』の鬼教師・フレッチャーばりの難題を突きつけられていたようだ。

次ページ
■水着で叩いたドラムソロもバッチリ収録

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ