業界初の「VR専属セクシー女優」が誕生 香坂紗梨「私でVRデビューして!」

仮想現実(VR)作品だけに出演する初めてのセクシー女優が誕生した。

香坂紗梨

VR(仮想現実)技術を使った映像が、さまざまなジャンルで注目を集めているが、AVの世界はもっとも普及が進んでいるひとつかもしれない。

そんな中、大手メーカーSOD社より、「VR専属」をうたった新人女優がデビューすると聞き、しらべぇでも取材に訪れた。

 

■VRのスゴさを体験したから…

香坂紗梨

香坂紗梨ちゃんは、Hカップのダイナマイトボディが魅力の19歳。ふつうに売り出しても一流のセクシー女優として活躍できそうだが、あえて「一般作品には出ず、VRだけ」と絞ったのはなぜなのだろうか?

香坂:デビューの前にVR作品を見て、びっくりしたんです。女優さんが本当に目の前にいるみたいだし、触れちゃう、掴めちゃうんじゃないか…と思うくらい。音もすごくて、耳元で囁かれているように感じました。

 

「VR専属女優」って業界初みたいなんですけど、「新しくて面白いな」って思いました。「私はVRでしか見られないわよ」っていうのが(笑)

 

■元々セクシー女優が好きだった

香坂紗梨

デビュー前からVR作品に触れていたという紗梨ちゃん。きっかけは、セクシー女優への憧れだったという。

香坂:最近のセクシー女優さんは、かわいくて綺麗な方が多いですよね。「かわいいな」と思って憧れながら、最初はツイッターを見ていたりして、そこからAVも見るようになりました。友達と一緒にも、ひとりでも見ますね。

 

しらべぇでもコラムを連載していた成瀬心美ちゃんが、すごく好き。ここみんはツイッターが面白くて、女性ファンも多いんですよ。私は、自分で応募してデビューしたんですけど、きっかけは好奇心と「自分でもやってみたい」って思ったから。

次ページ
■VRの撮影現場は独特

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ