林修先生が発達する人工知能に警鐘 「憧れの知的エリート職が危ない」

林修が人工知能の発達で人間の職業が1%になるかもしれないと警鐘

ロボット
(honlamaiPhoto/iStock/Thinkstock)

29日に放送された、TBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』。人気コーナー、林先生の白熱教室で林修氏がこの世の仕事の99%をAI奪われる恐れがあると語り、話題になっている。


 

■後5年で女子アナが…

報道やテレビ番組の司会など、多くの女性が憧れる女子アナ。しかし、林氏は「あと5年で女子アナが絶滅する」論を展開。

これに対し、フリーアナウンサー・竹内香苗は「臨時ニュースは絶対に無くならないし、あり得ないと思う」と反論した。すると、林氏は…

「でも、絶滅すると言いたくなることが現実で起きてるんですよ。AIのアナウンサーがニュースを読んでいる放送局があり、実際に活動している」


と、エフエム和歌山のAIアナウンサーを紹介した。

AIアナウンサーは自ら学ぶディープラーニングで過去のデータやインターネットの情報を学習。正しいイントネーションで原稿を読めるようになるほど劇的に進化している。


関連記事:林修先生も驚いた「パン屋で活躍するAI」 売上4割増でレジも早くなる?

 

■エリート職が危ない

AIが奪うのは単純な流れ作業の仕事だけでなく、高収入、高学歴の知的な職業が危ないようだ。とくに、税理士は1台のAIが税理士数千人に相当し、資格を取得しても税理士が消滅する可能性が高いという。林氏は、

「ディープラーニングが予想以上にAIを発達させる。ここから先は人間の脳の代わりをしてくれるようになるので知的エリートが危ない」


AIが自分で学習するディープラーニングは人類にとって大きな脅威だ。

次ページ
■ネット民はAIに否定的

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ