しらべぇ

秋元才加のエピソードから学ぶ 貧乏でも幸せに暮らす方法

貧困でも、幸せは訪れるのだろうか。

ライフ

貧乏でよかった

(©ぱくたそ)

貧困問題が各種メディアで取り上げられ、「自分も貧困層に入るのでは…」と感じている人もいるのではないだろうか。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の自分は貧乏だと思う男女702名に、「貧乏でよかったと思うときがある」かの調査を行なった。

お金がないことを、肯定的に考えている人はいるのだろうか。

 

■日々の生活もギリギリ

自分が貧乏でよかったと思っている人は、2割程度。

貧乏でよかったグラフ

「意外といるな」という印象もあるが、お金がないことを肯定的にとらえる人は、やはり少ないようだ。

「お金がなくて、いいことなんてひとつもない。買いたいものを買えないどころか、日々の生活もギリギリな状態は、精神的にもよくない」(30代・女性)

 

お金がなくて苦労をした人の中には、進学をあきらめた人も多い。

「大学に行きたかったけど、家の経済状況を考えたら無理だと思いあきらめた。本気で行きたければ、自分で学費を稼げばよかったんだろうけど…。すべて出してもらえる環境の人は、正直、うらやましい」(30代・男性)

 

■切り詰める術が身についている

少ないながらも、貧乏でよかったと思っている人もいる。

「金持ちから貧乏になったら、どうやって生活していいかわからないと思う。私のようにお金がない人たちは、いつも生活基準が最低ラインなので、切り詰める術が身についているから」(20代・女性)

 

また、ドラマによく出てくる、遺産にについて語る人もいる。

「遺産相続で揉める話がよくあるけど、うちにはそんな心配は一切ない」(40代・男性)

 

■元AKBの秋元才加は貧乏だけど幸せな家庭で育つ

元AKB48で現在はタレントとして活躍する秋元才加は、父親が働かず貧乏であったことをテレビなどで話している。

電気やガスが頻繁に止まるなど大きな苦労をしているが、彼女は決して父親を悪くは言わない。破天荒なところがあり、家族への愛が深い父親に対して、秋元も大きな愛情を持っている。

自分も裕福でない環境で育った男性は、お金だけが幸せではないと思っているようだ。

「お金がどれだけあっても、家族がバラバラだと精神的には満たされない。うちはけんかもするけど、なんだかんだで仲良くやっているから幸せなんだと思う」(30代・男性)

 

お金がないことが、精神的な負担になることはある。しかし、お金だけがあったからといって、精神的な安定が得られるわけではない…といった考えの人も、一定数いるようだ。

・合わせて読みたい→財布が汚いと貧乏そう? 低収入ほどハイブランドを持つ理由

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の自分は貧乏だと思う男女702名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集