哀川翔「ゴミを跨いだら半殺し」 独特のしつけに明石家さんまも絶賛

Vシネマの帝王・哀川翔と娘・福地桃子が『踊る!さんま御殿』で共演。哀川家のしつけに明石家さんまも驚いた…

主演作100本以上、Vシネマの帝王・哀川翔(56)が娘の女優・福地桃子(20)と、31日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で共演。

哀川家独特のしつけを明かし、視聴者から賞賛が起こっている。

(画像は哀川翔公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■ルール違反は「半殺し」

我が家の変なルールとして哀川が明かしたのは「落ちているゴミを跨いだり、トイレットペーパーの補充をしなかったら半殺し」というもの。

「跨ぐのはゴミに気づいている行為。あえて無視するくらいなら拾ってゴミ箱に入れる」、家族の多い哀川家ではそうしないと、すぐにゴミだらけになってしまう。

同じようにトイレットペーパーもすぐに無くなるので「気がついた者が補充する」よう、子供を厳しくしつけてきたと語ると、司会・明石家さんま(62)も「良いルール」と絶賛。

福地も「半殺しと言われてきたので、とりあえず拾っておこう」と、哀川のしつけに従ってきたと明かした。

 

■着ぐるみで凝視

また、「口で言っても聞かない」子供たちのために、哀川は着ぐるみを用意。幼いころ、父の言うことを聞かずわがままを言うと、哀川は「呼んでくるぞ」と地下室に向かい着ぐるみを着て、何も言わずジッと子供たちを見つめる。

あまりの怖さに福地は「この世のものじゃない」顔で泣き叫び、トラウマに。「テーマパークでも泣いている写真しかない」と語った。

次ページ
■哀川のしつけに賞賛

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ