炎上でお騒がせの元国会議員・上西小百合が『ダウンタウンDX』出演 ネット民は不快感

上西小百合もそろそろ潮時かな

(画像はInstagramのスクリーンショット)

2日に放送された、日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンDX』に元国会議員・上西小百合氏が出演し、話題になっている。


 

■被害者は私!

上西は、「高校時代は深田恭子と言われていた」や「タレントってバカでもなれるのかしら」などの発言でネットに炎上をもたらし、世間から注目を浴びた。

そんな、上西に石原良純が「よく炎上するけどあれは何?」と質問すると…

「全く意味がわからない。Twitterは、思ったことをつぶやくものだから、勝手につぶやかせてと思っている。


私のTwitterを見て腹が立つ人はいるかもしれないけど、とくに誰も傷つけてはいない。むしろ一番迷惑してるのは、わけもわからず炎上して世間からブーブー言われる私だと思っている」


と、持論を展開した。

昨今では、政治家がSNSを利用し、情報発信を行うことも増えている。しかし、政治家は一般ユーザーとは違い、社会に与える影響が大きいことから一定の配慮を持って使うべきだと考える人も多いだろう。



 

■ネット民は不快感

ネットでは「上西が出演してるからチャンネルを変えた」と不快感を示す声が目立っている。

また一方では「テレビ局もいい加減しろ」という声も見られた。


■チャンネルを変えたくなる芸能人はいる?

しらべぇ編集部では、全国のテレビを観る20代〜60代の男女1,117名を対象に「テレビに出ていたらチャンネルを変える芸能人がいる」か調査を実施。

テレビ4割ほどの人が「チャンネルを変えてしまう芸能人がいる」結果に。キャラや発言に「イラッ」とすることでチャンネルを変えてしまうことがほとんどかもしれない。

上西は、次回の選挙を目指し、知名度をあげるためにテレビの出演も考えているという。しかし、今回の出演で不快感を示す声が多くなっているので、テレビ出演は、控えたほうがよさそうだ。

・合わせて読みたい→上西議員は後先考えずに行動? 爆笑・太田の「カミツキガメ」発言にスタジオ爆笑

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代のテレビを観る男女1,117名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ