「憧れの世界に入ったからには本気で」 新人美少女セクシー女優・小倉由菜の決意

SODstarから専属デビューする19歳の新星だ。

10月デビューの竹田ゆめちゃん、11月には三田杏ちゃんと、毎月のように美形の新人セクシー女優がデビューしているSODstarから、またも超新星が誕生する。

10月31日に行われた渋谷ハロウィンの清掃イベントを取材した記事でも、「かわいい!」と驚きの声が殺到した、小倉由菜ちゃん。19歳だ。


 

■高校のときから紗倉まなファン

小倉由菜

由菜ちゃんがはじめてセクシー女優という存在を知ったのは、高校生のとき。ツイッターで紗倉まなちゃんの写真がリツイートされたのを目にしたという。

小倉:「この人、かわいいな…モデルさんかな?」と思って調べてみたら、セクシー女優さんだったんです。「こういうお仕事もあるんだ、こんなかわいいこがやってるんだ」って思いました。それから、ツイッターやインスタで、まなちゃんを含めていろんな女優さんをフォローするようになって。


高校を卒業して専門学校に入ってからは、ネットでお試し版のAVを見たりして。エッチな目線というよりは、「体がきれいだな」って印象で、憧れみたいな感じ。とはいえ、セクシー女優さんに憧れてることは、周りの人にはあんまり言えず、内緒だったんです。


今も学校に通って将来のために勉強していますが、「若い今のうちしかできないことってあるんじゃないかな?」って思うようになって、今の事務所を紹介してもらったんです。


関連記事:紗倉まなが『SODアワード』六冠を制覇 テリー伊藤も「サンジャポ出演」の誘い

 

■面接直後、専属女優に即決

小倉由菜

大手メーカーSOD社の中でもトップクラスのSODstar専属が決まったのは、面接の直後だったという。

小倉:憧れはあったものの、男性経験は2人だけだし人に見せたこともないし、「自分がデビューできるんだろうか…」という気持ちもありました。


事務所の社長さんと一緒に、メーカーさんにご挨拶に回ったんですが、女優さんのファンではあったけど、メーカーさんについてはあまりくわしくなくて…。でも2、3社目くらいで、社長に「次はSODさんだよ」って言われて、大手なのでさすがに知ってたんです。


面接の後、ランチしていたら、社長の携帯が鳴ってすごく嬉しそうな顔になって。握手しながら「専属決まったよ、SODstarはすごいんだよ!」って言われて、「最高の形でデビューできるのは、恵まれているな」って思いました。


メーカーさんの面接って、いわば就活みたいなものですが、私はおしゃべり好きであまり人見知りしないタイプなので、意識しないで素で話せたのがよかったのかも。


彼女を面接したメーカー担当者に取材したところ、終わった直後に「決まりですね、スターですね!」と、満場一致で即決だったという。

次ページ
■憧れの先輩と同じ事務所に

この記事の画像(8枚)


あなたにオススメ