G8サミットも開かれた洞爺湖 北海道の観光スポットで『ブラタモリ』が歴史を解き明かす

『ブラタモリ』(NHK)で、タモリが洞爺湖の歴史を学んだ。

(画像は『ブラタモリ』公式サイトのスクリーンショット)

11月4日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリが北海道札幌市の洞爺湖に訪れた。

第89回の舞台である洞爺湖は、2008年にG8サミットが開かれるなどした世界で有名なスポットだ。番組では、タモリ一行が洞爺湖形成の謎に迫る。

 

■「世界の洞爺湖」にタモリが初訪問

洞爺湖は『ブラタモリ』史上初の訪問地。大きさは東京ドーム1500個分だという。湖畔には、活火山の有珠山や昭和新山が存在しており、年間300万人の観光客を集めているそうだ。

タモリ一行は、まず湖の真ん中に浮かぶ「中島」に訪れた。深いところで水深が180メートルもあるという洞爺湖だが、突如して現れた浅瀬を見た際には、その神秘的な光景に、タモリが「すごい!」と仰天。

なお、洞爺湖は100年前の噴火で生まれた北海道有数の温泉街。訪れた際、タモリは足湯を体験しその温泉の熱さに驚いく。

 

■タモリが「行きたかった」昭和新山

昭和新山に訪れたタモリは、「一度来てみたかった」と喜びの声を上げている。また、昭和新山は1945年の9月に誕生。8月に生まれたタモリと同級生だそうで、昭和新山をタモリは「シンちゃん」と親しげに呼んだ。

そしてタモリ一行は、昭和新山の誕生の謎を解き明かすため、火山のオーナーと昭和新山を登った。

次ページ
■洞爺湖と聞いてあのアニメを思い出す人も

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ