しらべぇ

海老蔵、麻央さんへの後悔を告白 「妻が病なのに」

市川海老蔵が自身のブログで、小林麻央さんとの生活で後悔していることを明かした。

エンタメ

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が7日、自身のブログを更新。34歳という若さでこの世を去った妻・小林麻央さんへの思いを語った。

 

■家にいられなかったことを後悔

「主人が地方公演から帰り、久しぶりに家族皆で過ごし」とつづった昨年11月26日の麻央さんのブログについて触れた海老蔵。「旅から帰ると家族団欒」と昨年と同じく家族の時間を過ごしたことを明かした。

そして、「なかなか家にいられなかった事 少し後悔もあります」と過去を振り返る。仕事とはいえ、長い時は3ヶ月ほど家から離れている時期があったことについて、「もちろん普通の状態ならそれでも良いと思う」としながらも「しかし妻が病なのにそのスケジュール、今思うとそう感じます」と過去の自分の行動を悔やんでいることを告白した。

 

■子供たちと離れないスケジュール

最愛の妻である麻央さんが亡くなり、周りの協力は得ながらも父ひとりの子育てになった海老蔵。

「今後はなるべく子供達のためにもなるべく離れないスケジュールにしていこうと思っています」と子供たちとの時間を大切にすることを明かした。

 

■ファンからは励ましの声も

麻央さんへの後悔と、子供への向き合い方を語った海老蔵に、ファンからはさまざまなコメントが。

・ぜひそうしてくださいね。仕事はもちろん大切ですが、子育ても家族団欒も後からはできないから

 

・どんなに近くにいても、どんなにしてあげても、後悔って残るものですよね。麻央さんは海老蔵さんに嫁いだお嫁さんとして、どんな状況でも、海老蔵さんがお仕事を懸命に努めることを望んでいたはずです。だからこそ、麻央さんも強い気持ちで頑張れたはずです

 

・海老蔵さん、そうに思わないで下さい まおちゃんはとても幸せでしたよ 海老蔵さんの真っ直ぐな心に感謝していたのではないでしょうか

 

■「家族が一番大切」が6割以上

しらべぇ編集部では全国20代〜60代の男女1,340名を対象に、「家族・友達・恋人・仕事・趣味」の中でもっとも重要だと思うのはどれかを調査。

その結果、6割以上が「家族」と回答した。

一方、「仕事」は7.0%と1割未満であることがわかった。

 

以前にも増して「イクメン度」が上がっている海老蔵。麻央さんと過ごした日々の中で、家族に対する思いが強くなっていったのだろう。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、「麻央さんからの手紙」を発見 「ずっと宇宙一愛してる」

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1340名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集