しらべぇ

にゃんこスター・アンゴラ村長に「女が嫌いなタイプ」「オタサーの姫」の声

大ブレイク中のにゃんこスターの不思議系女子・アンゴラ村長に「オタサーの姫」との指摘が…。

エンタメ

(画像はTwitterのスクリーンショット)

『キングオブコント2017』(TBS系)を機に一躍売れっ子になった終わりコンビ・にゃんこスター。テレビ出演も増え、「独特すぎるリズムなわとびをする謎のコンビ」という印象から、徐々にふたりの素性が明らかに。

交際宣言をするなど、ラブラブな様子に好意的な声があがる中、批判的な意見も。同局で9日放送の『櫻井・有吉THE夜会』を受け、ネット上ではさまざまな声があがっている。

 

■才色兼備のアンゴラ村長

ボケ担当の女性・アンゴラ村長(23)といえば、早稲田大学文学部卒業のインテリであり、現在は芸人活動の他、ベンチャー企業の営業をするなど堅実な面も持ち合わせている。番組の打ち合わせなどはすべて彼女が行うなど、コンビの頭脳でもある。

さらに放送では父母ともに公務員であることや、両親が金銭面を心配してか15万円の援助をもらっていることが明らかとなった。

また、番組ではふたりのデートにも密着。金欠で食事代も払えず、ツッコミ担当のスーパー3助(34)から「(お金を)ちょっとお借りしてもいいですか?」とお願いされると、アンゴラは「えー!」「11歳下ですからね!」と言いながらも会計を払うなど、仲睦まじい様子が放送された。

 

■「女が嫌いな女」と批判の声も

なんとも微笑ましいふたりだが、一方でネット民からはアンゴラに対して批判的な声があがっている。黒髪ボブというヘアスタイルや、化粧っ気のない顔、不思議ちゃん系の言動などから、「サブカル系っぽい」「オタサーの姫感が強い」との指摘も。

また、女性からは「女が嫌いなタイプの女」との意見もみられた。

 

■「かわいい」と絶賛の声も

「サブカル系」「オタサーの姫」との声もあがるアンゴラだが、一方でその要素も含めて大好きだという声も。

 

■「女の敵は女」はホント?

「女受けが悪そう」「女が嫌いな女」との声もあるように、世の中の女性たちはテレビに映る女性タレントなどに対して厳しい目を向けているよう。

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,666名に「女の敵」について調査したところ、女性の6割が「女性」と回答した。

批判の中には「本当はしたたかな性格のはず」「かわいさを計算している」との声もみられるアンゴラ村長。女性人気が大切だと言われる昨今のテレビ業界、はたして今のキャラのまま生き残ることはできるのだろうか。

・合わせて読みたい→交際宣言のにゃんこスターに三四郎・小宮 「お笑い舐めんなよ」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年6月19日~2015年6月22日
対象:20~60代男女1,666名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集