しらべぇ

「無職かブラックの二択」の人も…休日出勤する人に同情とあきらめの声

「働き方改革」が叫ばれる一方で、休日出勤を「仕方ない」と思う人は多いもよう

ビジネス

(mamahoohooba/iStock/Thinkstock)

しらべぇ編集部の調査では、「休日出勤する」人が全体で30.8%いる――といった結果が出た。

残業や休日出勤などの時間外労働に厳しい目が向けられる中、そうした人たちを周りはどう感じているのだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「休日出勤する人をどう思う」のか、意識調査を実施した。

■大多数が同情やあきらめか…

全体では「自分もそうだ」6.7%、「共感する」11.0%、「理解はできる」57.8%で、同情やあきらめが多く含まれているであろう「休日出勤は仕方ない」と感じる人が、4人に3人を超える75.5%。

一方、「違和感がある」14.5%、「おかしいと思う」10.1%で、「休日出勤する人って、ちょっと…」と感じる人は24.5%に。

こちらも、「休日出勤する」人自体を責めるわけではなく、そうした環境に置かれている状況に「おかしい」と感じている人が含まれると考えられ、同情を理由にネガティブな回答をした人も少なくないだろう。

男女別では

「自分もそうだ」「共感する」「理解はできる」と回答した「休日出勤は仕方ない」と思う人の割合は、男性が75.8%に対し、女性は75.1%とほぼ同じ。

さらに「休日出勤は仕方ない」と思う人の年収別データを見てみると、

実際に「休日出勤する」人のデータと傾向的には近く、大幅に「仕方ない」が高い割合となっているのだが、大きな違いは「300万円未満」のデータ。

「休日出勤する」人については、「300万円未満」のみ大幅に低いのだが、「休日出勤は仕方ない」では、他の年収レンジと同水準に。

自分自身がしていなくても、「そういう職場になっちゃったら、しょうがないよね」といった、あきらめを感じさせるような数字だ。

 

■無職か? ブラックか?

実際に「休日出勤する」人に対して、同情やあきらめの感覚でみてしまう――という人に、話を聞いた。

「父親がいわゆるエコノミックアニマル世代で、仕事優先でしたし、自分も独身時代は休日出勤もして、バリバリ働いていました。子供がいるので、今はさすがにしませんけど、夫は月に1度は必ずありますね。

 

大変だと思うけど、こなさなきゃいけない状況も理解できますし、お互いに相手が忙しい時は労わる…って感じですかね」(40代・女性)

 

「かなりブラックな会社に勤めている友達がいて、上司はパワハラだし、会社もサービス残業や休日対応を平気で強いるらしいんですよ。聞いていて『それはちょっともう、辞めたほうがいいんじゃない?』ってレベル。

 

本人も自覚はあって、一応、転職活動をしているようなのですが、ちょっと不器用なキャラで、あと一歩で決まらないみたいです。そのせいか自虐っぽく『俺は今、無職か? ブラックか? の二択しかないから!』って言われて、笑えないっていうか、むしろ震えました」(20代・男性)

 

確かに「無職かブラックの二択だけ」と言い切られたら、あまりの切実さに笑えない。

休日出勤せざるを得ない人が近くにいたら、労わったり、気にかけたり、といった対応で見守りつつ、より良い方法を一緒に見つけられるといいのだが…。

・合わせて読みたい→したくない休日出勤…金曜夜の「週明けでいいから」って酷すぎ

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集