『陸王』竹内涼真の熱演に大感動! しなやかな脚に悶絶する女子続出

TBS系で放送中の池井戸潤原作ドラマ『陸王』。竹内涼真演じるマラソンランナー・茂木に感動の嵐! その一方で美脚に注目も。

エンタメ

2017/11/13 16:30

陸王
(画像提供:(C)TBS『陸王』)

12日、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の第4話が放送された。新たな助っ人が加入することで、大きな一歩を踏み出すことになる「陸王」。

ケガに苦しむマラソンランナー・茂木(竹内涼真)の姿に、感動の声が殺到している。。


 

■これまでの『陸王』

本作は埼玉県行田市で100年以上続きながらも倒産の危機に瀕している足袋業者「こはぜ屋」が、復活をかけてオリジナルランニングシューズ「陸王」の開発に挑む物語。主人公の宮沢紘一を役所広司が演じている。

まったくノウハウのない状態からスタートした足袋作りは、正岡あけみ(阿川佐和子)ら職人の技術と、飯山(寺尾聰)が開発した特殊素材「シルクレイ」のソールへの導入で、少しずつ理想に近づいている。


関連記事:『陸王』今夜最終回! 2時間のダイジェスト編には新撮サイドストーリーも

 

■茂木に訪れた選手生命の危機

紆余曲折を経て、ソールの素材に最適な硬さの「シルクレイ」開発を成功させた飯山と大地(山崎賢人)。しかし、新しく完成した「陸王」を茂木は受け取ろうとはしない。

というのも脚のケガの影響で不調が続いていた彼は、会社から競技からの引退と、社員としてキャリアを積み上げていくことを提案されていたのだ。

また、アトランティス日本支社の営業部長・小原(ピエール瀧)は茂木のことをぞんざいに扱い、「ケガが治ればサポート再開」という約束も、茂木と同じケガからトップレベルにまで復活した選手はいないという理由で反故にする。

次ページ
■助っ人・村野が「陸王」開発に参加

あなたにオススメ