宮藤官九郎『監獄のお姫さま』がただ面白いだけじゃない理由

マニアをうならせる一方で、その切れ味するどいジェンダー的な視点にも注目の『監獄のお姫さま』。『逃げ恥』『カルテット』に続くTBS火10枠の代表作に?

監獄のお姫さま
(画像提供:(C)TBS『監獄のお姫さま』)

毎週火曜日夜22時から放送中のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)。

「爆笑ヨーグルト姫事件」や「ざんげ体操第二」など頻発する小ネタや、主演の小泉今日子、「姐御」役の森下愛子、ガールズバー好きの検事・塚本高史など宮藤作品常連の出演で、古くからのファンを唸らせている本作は、ネット上でも面白いと評判だ。

しかし、「ただ面白いだけではない」のも本作の特徴である。「女たちがひとりの男に復讐する」という構図の中には、日本社会における男女の歪な関係性が映し出されているのだ。

 

■これまでの『監獄のお姫さま』

「じつはまだ観たことがない」という読者のために、ここで簡単に振り返っておこう。

本作はさまざまな事情で「自立と再生の女子刑務所」に入った女囚たちが、無実の罪を着せられて収監されてきた「姫」こと江戸川しのぶ(夏帆)の復讐のために立ち上がるというストーリー。

しのぶはもともと江戸川乳業という会社のご令嬢で、叩き上げのイケメン副社長(当時)の板橋吾郎(伊勢谷友介)と交際していた。しかし、なぜかしのぶは彼の大学時代からの恋人を沖縄で殺害(殺人教唆)したことになってしまい、会社を奪われてしまったのだ。

 

■女たちが復讐に乗った理由は彼女たちの過去に

監獄のお姫さま
(画像提供:(C)TBS『監獄のお姫さま』)

洗脳がとけた「姫」に対し、女囚たちは深い部分で共感していくことになる。それぞれ、過去に(クズな)父親や(クズな)夫に酷い仕打ちをされ、捨てられた過去があったのだ。

たとえば主人公・馬場カヨ(小泉今日子)の境遇は正直なかなか悲惨だ。おばちゃん内では基本冷静さを失い、わちゃわちゃしている印象しかない彼女だが、じつは仕事ができ、家庭でも家事・育児を完璧にこなしていた。

しかし、カヨは社内結婚で、すべてが完璧なせいで夫の武彦(赤堀雅秋)の「男のプライド」を傷つけてしまうことに。同僚として、夫婦としてすれ違った結果、武彦は浮気をし、口論の結果カヨは衝動的に彼を刺してしまう。

このエピソードの中で特筆すべきは夫・武彦の「クズ男っぷり」だ。自分の仕事ができないのを棚にあげ、自分を立てることを妻に暗に要求し、夫婦喧嘩の際には「要点を話せ」と告げる。自分は話し合いに応じていないにも関わらず、「女性=感情的で理性的な議論ができない」という先入観で判断しているのだ。

思わずドキッとした男性読者もいるかもしれないが、コメディな作品にも関わらず、根幹に仕組まれた宮藤のアプローチはかくも鋭いのだ。

次ページ
■伊勢谷友介は演じる板橋吾郎は「男」の抽象化

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ