ごはんの上にアイツが! 飲食店でのエグい異物混入体験談

飲食店での異物混入、お店も対策はしているが完璧に防ぐのは難しいようだ。

2017/11/16 05:00

(sevendeman/iStock/Thinkstock)

飲食店で楽しく食事をするつもりが、注文した料理の中にありえないものが混入。客も飲食店側にもあって欲しくない出来事だが、まれに発生するのが悲しいところである。



 

■髪の毛はよくある

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336名に「飲食店で注文したものに異物が混入していたことがある」かの調査を実施。

飲食店での異物混入

半数近くの人たちが、飲食店での異物混入を経験しているのだ。

中でも多いのは「髪の毛」。ヘアキャップを被るなど十分な対策をしていても、完全に防ぐのは難しいのかもしれない。

「飲食店だけでなく、スーパーのお惣菜にもまれに入っている。髪の毛くらいだと、クレームは言わない。あまり気にしない性格だし、取ってそのまま食べられるから」(30代・男性)


彼のように気にしない人はおそらく少数派であり、潔癖症でなくても店員に伝える人が多いだろう。


関連記事:『スッキリ』会食での危機意識が低い一部の利用客に… 加藤浩次が苦言

 

■スプーンの裏だけ洗っていない

飲食店の食器は次に利用するお客さんのために、洗っておくのが当然のとこだ。

「置かれたスプーンを疑わずそのまま使おうとしたら、友達に止められた。よく見ると、スプーン裏にオムライスのごはんがべったり。裏だけ洗い忘れたみたいだけど、どうしたらそうなるのか疑問」(20代・女性)


友達が気づいたから助かったものの、それを口にしたかもしれないと考えると恐ろしい。


■ごはんの上にあいつ

お店にとって、一番歓迎されない客が虫である。しかし飲食店には油や残飯など、虫が好む環境があるから厄介なものだ。

「飲食店でバイトをしていたとき、小声で呼び止めるお客さんが。その人はごはんをそっと差し出してきたので見てみると…ちっちゃいゴキブリが、盛り付けの一部かのように乗っていた。


あわてて店長呼んだけど、その人がまったく怒ってなくて。聖人かよ!」(20代・男性)


激怒されても仕方がないケースだが、たまたま人に恵まれたようだ。

人間がやることなので失敗はあるかもしれないが、やはり自分が異物混入に当たるのは気持ちがいいものではない。とはいえ、もしも見つけた際には、穏便に対応したいものだ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

飲食店食事クレーム調査事故異物混入
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング