内縁の妻の4歳次女を「70度の熱湯」へ 逮捕された男に非難殺到

70度の熱湯に次女を入れてやけどさせたとして、無職の男性が傷害容疑で逮捕された。

(MIXA next/Thinkstock)

ことし5月、埼玉県戸田市の自宅で、同居する内縁の妻の4歳だった次女を、70度以上の熱湯が入ったお風呂に入れてやけどをさせたとして、埼玉県警は16日、詐欺罪で実刑判決を受けて服役中の無職の男性(37)を傷害容疑で逮捕した。

 

■70度の熱湯に「間違ってひとりで入った」

男性は次女の右腕や両足や背中などにやけどを負わせた疑い。幸いにも命に別状はなかったという。

報道によれば男性は、20代の内縁の妻、長女(5)、次女、妻との間に生まれた長男(0)との5人暮らしだが、犯行当時、女性は長男の出産のために入院中だったようだ。

その後、次女のやけどの治療をした病院から県警に連絡が入ったことで事件が発覚。男性は「間違って、ひとりで熱湯に入ってしまった」などと話していたという。容疑についても「やっていません」と否認しているとのこと。

また、長女にも顔や肩にアザがあったことから、県警は日常的に虐待があった可能性があるとして捜査していくという。

 

■「同じ目に遭わせてやりたい」

報道を受け、ネット上では「虐待だ」「父親失格」と男性に対する非難の声が相次いでいる。

・父親失格。子供を育てる資格なんてない

 

・鬼畜すぎる。怖くて痛かっただろうに…絶対許せない

 

・命に別条がないっていうけど、下手したら全身に痕が残るかもしれない。70度のお湯に入れるって殺意だよ

 

・この男を同じ目に遭わせてやりたい。ひどすぎる

次ページ
■母親へも厳しい声が…

あなたにオススメ