しらべぇ

山形の秘湯で発見! 全長23メートルの超巨大かけ流し「混浴露天風呂」とは

湯浴み着の貸出しで女性も安心の超巨大混浴露天風呂!

地域

夏の暑さが遠い昔のように感じる今日この頃。秋本番である。日に日に陽が短くなり、肌寒い乾いた風が吹く季節は人肌恋しく、「温泉」も恋しくなる。

「行楽の秋」のうたい文句に誘われて、普段より少し足を伸ばした温泉旅行はどうだろうか?

 

■向かったのは山形の秘湯「湯の瀬温泉」

今回向かったのは山形県。左手に日本海、右手に山の景色が美しい国道の先。目的地は、鶴岡市の深い山あいに佇む一軒宿「湯の瀬温泉 湯の瀬旅館」だ。

東京から450キロ離れており、車で向かえば5~6時間の長距離ドライブになる。しかし、都会から田舎へ、そして日本海へ、深い山あいと移り変わる風景は、徐々に日常から非日常へと気分を変えてくれる。

「湯の瀬旅館」と大きく書かれた赤い屋根と、山あいの深い緑のコントラストが美しく、長旅の疲れが一瞬で吹き飛びそうな佇まいである。

一軒宿で、周囲には他に建物もなく、凛とした静けさが漂う。都会とは一線を画す非日常空間だ。

 

■名物「超巨大混浴露天風呂」

そんな秘湯感漂う、湯の瀬旅館。気になる温泉は、大浴場の名にふさわしい巨大な露天風呂だ。全長はなんと23メートル。

小学校のプールの授業を彷彿とさせる圧巻の見た目である。もちろん湯船は水ではなく、すべて温かい温泉で満たされている。

ただ、この露天風呂は、宿にひとつしか存在しない。男女別ではないため、つまり「混浴」なのである。混浴の甘美な響きに心踊る男性陣も多い反面、女性陣には抵抗があるかもしれない。

だが安心してほしい。湯の瀬旅館では、女性専用の湯浴み着を用意してくれるため、水着に近い状態で入ることができ、混浴難易度は比較的低めだ。家族で、恋人同士で、友達同士でと、男女関係なくゆったりくつろげる大空間である。

ちなみに、男女別内湯、露天風呂の一角は女性専用スペースもあるのでご安心を。

 

■この広さですべて「源泉かけ流し」美肌の湯

広いだけでなく、湯使いも贅沢。毎分800リットルの豊富な湯量に支えられ、なんと加水や加温・循環の一切ない、完全源泉かけ流しなのである。

また、どの場所にいても温度ムラがほとんどなく、広すぎる湯船で贅沢な湯浴みを楽しむことができる。

泉質はアルカリ性単純温泉でpHは9.3。石けんに近い強アルカリ性で、つるつるすべすべする肌触りのお湯は、典型的な美肌の湯である。

ほのかに甘い、アロマのような硫黄の香りはお湯が新鮮な証拠。源泉かけ流しの無色透明なお湯が、やさしく身体を包み込んでくれる。

刺激が少なくクセのないお湯は、老若男女問わず人気の高い、万人受する泉質だ。肌馴染みのいい浴感は、湯あたりしにくいため、ゆっくりのんびりと長湯するのがおすすめだ。

 

■絶品の日本海の味

湯上がり後の食事は、温泉旅行ならでは、の贅沢な時間だ。お刺身に始まり、煮付け、焼き魚、フライ等々、魚介尽くしのボリューム満点なメニューに舌鼓。

旅館だけでなく、鮮魚商を営む湯の瀬旅館。毎日、地元鶴岡市の由良漁港から揚がった新鮮な日本海の味を直接仕入れているため、山あいにありながら、鮮度抜群の魚介類を提供できる。おいしさの秘密は、こんなところに隠されていたのだ。

 

■山形弁が温泉情緒を高めてくれる

温泉と料理が魅力の湯の瀬旅館。館内は素朴でアットホームな雰囲気だ。人懐っこい女将さんの話す、心地よい山形弁に癒され、なんだか田舎の親戚のおばちゃん家に帰ったかのような、ほっと安心できるステキな宿であった。

【湯の瀬温泉 湯の瀬旅館】
住所:山形県鶴岡市戸沢字神子谷103-2
電話番号:0235-45-2737
営業時間(10:00〜17:00)水・木休
宿泊(一泊二食付):8,000円〜
日帰り入浴:不可

・合わせて読みたい→透明度0センチ!東京・品川『天神湯』の漆黒の湯がスゴすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・小松歩

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集