しらべぇ

映画賞スピーチで涙した土屋太鳳 加藤浩次からの言葉が「名言」と称賛相次ぐ

加藤浩次が土屋太鳳に宛てた言葉に、多くの人が心を打たれた…。

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

18日に行われた『第9回TAMA映画賞』の授賞式で、本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした女優に贈られる「最優秀新進女優賞」に、映画『トリガール!』など今年4本の映画に出演した女優・土屋太鳳が輝いた。

土屋が授賞式でのスピーチで、込み上げる思いから涙を流す一幕が話題となっている。

 

■「凸凹な心に…」スピーチで涙

土屋は、大きな花束を手にステージに上がると、今年の自身の活動を振り返りながら現在の心境について

「映画の扉を叩いてから12年。少しずつ必死にその扉をこじ開けた中で、たくさんの言葉に出会いました。温かい涙が心から溢れる言葉もあれば、冷たい何かが心をえぐる言葉もあって……。いつの間にか凸凹な心になっていましたけれど、ここに立てていることが本当に嬉しいです」

 

と、時折言葉を詰まらせ、目に涙を浮かべながらスピーチをした土屋。込み上げる思いを抑えながら、懸命にマイクに向かう彼女に、客席からは「頑張れ」という声と共に盛大な拍手が巻き起こった。

 

■加藤浩次が土屋にエール

20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、土屋の「涙の理由」について取り上げられた。「冷たい、心をえぐる言葉」によって、「凸凹な心」になっていたと涙ながらに語った土屋。

そんな彼女を見て、「天の声」に扮する南海キャンディーズの山里亮太は「誰だ、そんな心無い言葉出した奴は。バカタレが!」と怒りを露わに。さらに、MCの加藤浩次は…

「凸凹になるということは、表面積が増えるということだから」

 

と、土屋に宛てて優しく語りかけた。すると、スタジオからも「なるほど」「名言だ」などと歓声があがり、他の出演者らも土屋を激励した。

 

■視聴者からも賞賛の声

土屋に宛てた加藤のコメントに、視聴者からも賞賛の声が続出。中には、加藤の言葉に「自分も救われた」という人も。

人間関係において、些細な言葉に傷き、土屋と同じく「凸凹な心」になってしまった経験のある人は、決して少なくないはず。加藤の言葉は、土屋のみならず多くの人々の心に響いたようだ。

表面積が増えて、より表現力豊かに、そして優しく美しくなった土屋の、更なる活躍を期待したい。

・合わせて読みたい→土屋太鳳の「汗だく完走」に男性ファン大興奮 「坂口杏里より…」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集