浜崎あゆみ、ツアー当日休演受けSNSコメント欄を封鎖 心配の声相次ぐ

「過労による急性気管支炎」によりコンサートを休演した浜崎。翌日には謝罪コメントも投稿

エンタメ

2017/11/21 05:30

歌手の浜崎あゆみが、今月17日に予定されていた「ayumihamasaki 『Just the beginning-20-TOUR2017』」の宮城・東京エレクトロンホール宮城の仙台公演を、公演当日に休演を発表。

異例の事態に騒然となる中、彼女がSNS上で取った行動に、多くのファンから心配の声があげられている。



 

■急性気管支炎により当日休演

17日、浜崎は「過労による急性気管支炎」のため医師からドクターストップがかかり、当日予定されていたコンサートの中止を余儀なくされた。

当日、浜崎サイドは多くの観客が会場で開演を待ちわびている中、突然アナウンスと公式サイトで公演休止を発表。

この土壇場で休止発表に至ったことについて、公式サイトでは「ayuや一座のメンバー、全スタッフでどうにか節目である今日の30公演目を実現することはできないものかとギリギリまで対応したため」としている。

しかし、インターネット上ではこの対応について不満の声も多く見られた。

「彼女の体調が芳しくないことが分かっていたのであれば、もっと早い段階で適切な対応をしてほしかった」といった意見が目立つ。


関連記事:浜崎あゆみ、“本当の終わり”発言が波紋 「あゆの決断を尊重したい」

 

■浜崎がインスタで謝罪、コメント欄を閉鎖

翌18日、浜崎は昨年の仙台公演の写真と共に、インスタグラムで今回の休演について謝罪コメントを掲載した。

View this post on Instagram

今、点滴による眠りから覚めて、時計を見て驚くと同時に、なぜ私は今日ここに立ち想いを届けられなかったのかとホテルの部屋で去年の仙台の皆との写真を見つめています。 自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません。皆様からの叱咤激励の言葉全て胸に刻みます。 また、涙しながら会場を後にする皆をメンバー全員が出口に並び最後までお見送りをしていたとも聞きました。どんな想いで居たのか..言葉になりません。 そして何より今日のステージを糧に様々な事を乗り越えて集まってくれた仙台の皆様、本当に申し訳ありませんでした。私は歌うこと以外何にも出来ません。だからまた絶対に歌いに戻って来るから、その日までどうか待っていて下さい。 愛しています。

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on

浜崎は「自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません。皆さまからの叱咤激励の言葉全て胸に刻みます」とし、当日の休演を深々と謝罪。

突然の休演を知らされ、涙を流しながら会場を去った多くのファンに思いを馳せ、悲痛な胸の内をつづり、18日よりインスタグラムのコメント欄を閉鎖している。


■ファンからは心配と祈りの声

浜崎はインスタグラムのコメント欄を閉鎖したことについて、ツイッター上には彼女を心配するファンの声が続出。彼女の体調の回復と、精神面の回復を祈る声も寄せられている。

更新は途絶えているものの、閉鎖されていない浜崎のツイッターに励ましのコメントをするファンも目立つ。歌姫の心身の回復を祈るばかりだ。

・合わせて読みたい→黒髪の浜崎あゆみが若く見える! SNSで「あの日の約束」について語る

(文/しらべぇ編集部・もやこ