しらべぇ

NMB48・山本彩ソロライブで号泣 ファンに「初シングル発売」を約束も

NMB48・山本彩がソロライブに感極まって号泣する場面も。

エンタメ

NMB48の山本彩が、22日に全国7都市8公演ツアー『山本彩LIVE TOUR 2017~identity~』の千秋楽公演を大阪のオリックス劇場で行い、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

広島からスタートした今ツアーは、最新アルバム『identity』からの楽曲を中心に構成し、NMB48での活動とは異なるソロアーティスト・山本彩の世界観をたっぷり届ける密度の濃いライブとなった。

 

■ 自ら作詞作曲をした楽曲を披露

 

山本自身が作詞作曲を手がけた楽曲がメインの構成となったセットリストのため、どの曲も山本の世界観が広がり、何度でも聴きたくなるような魅力だらけの楽曲たち。

1曲目の『JOKER』『レインボーローズ』とノリノリの楽曲で山本のパワフルさを発揮。さらに『蛍』『陸の魚』などのバラード曲もしっかり聴かせてくれて、山本の世界へと導いてくれた。

バラード、ロック、ポップス、カバーとジャンルの統一性はないが、確実に言えるのは「山本にしかできないステージ」を見せてくれた。   

 

■『サードマン』の制作理由を明かす

そして本編最後には『サードマン』を歌うのだが、歌う前にこの楽曲を作った理由を語った。

「自分のやっていることに悩んで気持ちが落ちてしまった時期もあったけど、それを抜け出せたのは音楽と支えてくれるすべての皆さんの愛ある優しい言葉でした。今度は私が自分の声で、自分の歌で、自分の力でみんなを励ましたいと思いこの曲を作りました」

 

と明かした。その歌詞にしっかり耳を傾けながら山本の気持ちを受け止めるファンたち。その『サードマン』で大きな盛り上がりを見せ、17曲を一気に歌い上げて、あっという間に本編の幕は閉じた。

 

■ まさかのステージで号泣  

会場から「さやか」コールが響き渡り、鳴り止まない「さやか」コールを聞いていた山本は、感極まってまさかの号泣。

嬉さのあまり涙を流してしまい上手く話せないところもあったが、出せる力を振り絞って、現在の心境を語った。

「本当にこのツアーをやって良かったです。音楽をやっている人間としては、ペーペーですけど、そんな不安をはねのけて、さらに私に自信をつけさせてくれたツアーでした。これからも信じた道を歩いて行きたいです。笑顔でまた次の始まりに皆さんと会えたら嬉しいです」

 

 

■ 来年の目標はシングル発売

2時間半を超える熱いステージを見せてくれた山本は、これからも多くの楽曲製作をすることをファンと約束。

「今回は13曲の私の子供が産まれました。まだまだ聞いてほしい思いはたくさんあるので、これからもドンドン子供を産み落としていきます。次はシングルを出したいですね、私が勝手に思っているだけですけど、有限実行の女でいたいです」

 

と来年の目標を掲げた。昨年はZeppツアー、今年はホールツアーを経験した山本だが、来年はアリーナツアー、さらにドームツアーとファンの期待も大きくなってきている。

シンガーソングライターとしての山本彩は、どこまで飛躍していくのか今後も楽しみだ。

・合わせて読みたい→山本彩のマジメすぎる性格に驚愕 「詰め込みすぎないで」と心配の声も

(文/しらべぇ編集部・ブレーメン大島

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集