しらべぇ

12星座別ランキング! シェアハウスに住みたくない星座とは? 

シェアハウスの生活に憧れを抱く人も多そうだが…。

診断

(XiXinXing/iStock/Thinkstock)

他人と一つ屋根の下で暮らす、シェアハウス。

家賃が割安であったり、一人暮らしの寂しさを解消できたりと、シェアハウスならではのメリットが数多くある。今では男女の出会いの場や、語学力の強化に外国人と生活する――といった「目的」を持って利用するケースもあり、住居スタイルのひとつとして確立しているだろう。

その一方で、「他人と一緒に生活するなんて無理」という考えの人も多いはず。

しらべぇ編集部では、全国の2060代の男女1,376名を対象に「シェアハウスには住みたくないと思う」か調査し、12星座別にまとめた。

 

1位は面倒くさがりのうお座

最も「シェアハウスには住みたくないと思う」割合が高かったのは、76.5%のうお座。周囲への思いやりには定評があるものの、自身に関してだらしない一面を持つ。

12星座で最も「お風呂に毎日入らなくても平気」と考えているとの調査結果もあり、衛生面に気を使わなければならない同居生活に、抵抗があるのも理解できる。

また、ランキング上位には「平和主義」なてんびん座と、「人見知り」なやぎ座がランクイン。

プライベートを共有して生活するため、住人間でトラブルが起こる可能性も高い。周囲と友好な関係を築き、日々の交流が必須であることを考えると、両星座にはハードルが高そう。

 

■シェアハウス向きの星座たち

シェアハウスに抵抗感が少なかった星座は、いて座とおとめ座。

いて座は「エネルギッシュ」で、刺激的な人生を求めている星座。常に新しいことを欲する傾向にあり、シェアハウスでしか得られない経験に魅力を感じる人も多いのだろう。

一方、おとめ座は、「人との距離感を掴むのが上手い」特徴を持つ。

男女間でも恋愛をあまり意識せず、友達のよう気軽な関係を好むため、おとめ座のルームメイトとはルームシェアをきっかけにした恋愛はなさそうだ。

 

■一緒に住むならかに座?

12位は54.3%のかに座。1位のうお座に比べ、22ポイント以上の差が出た。

「周囲への気配りが得意」で周囲に馴染みやすい性質と、母性が強く「人気者気質」な側面を兼ね備えている。

シェアハウス全体を円滑にまとめてくれる、最も「シェアハウスに向いている星座」なのかも。

 

日々の生活を他人と共有するシェアハウスには、共同生活特有のメリットもデメリットもある。一人暮らしに飽きて、プライベートに新しい刺激がほしいと考える人は、シェアハウスでのでの生活を検討してみては。

・合わせて読みたい→入居者に聞いた!シェアハウス生活での気まずいシチュエーション4パターン

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,376名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集