六本木発「すっぴん」「手品」アイドルでホリエモンが世界を獲る宣言

ホリエモンらしい独自の演出で彼女たちは花開くのか

エンタメ

2017/11/27 12:00

 

■東京藍小町は癒やし

六本木はギラついた大人たちが集まる街――そんな人々の清涼剤となることを目指したアイドル、それが東京藍小町だ。

すっぴんアイドルと銘打たれたこのアイドルグループは、なんと化粧を眉とリップと日焼け止め以外は使わないルールで頑張っていくという。

(山田悠理)

東京藍小町リーダーの山田悠理は28歳だが、全く見えない幼い仕草と透明度の高い肌が魅力。

他のメンバーは上は20歳、下は14歳なので、リーダーの年齢だけが離れている形だが、愛らしいルックスで違和感はゼロである。

(左・山田悠理、右・清水梨紗)

癒やしをテーマにした東京藍小町は、言動もかなりふわふわ。イベント中に堀江氏に質問したいことを聞かれて、メンバーの池田杏奈から「好きなオムライスの具はなんですか?」と、変わった切り口の質問も飛び出した。

これに対して堀江氏は「白トリュフ。米を白トリュフと一緒に寝かせて、香りを楽しむ。ケチャップは使わない、白トリュフ尽くしのオムライスがいいね」と、ゴージャスな返答。

リーダー山田悠理は、堀江氏について「どんな人か?」との質問に、「異世界人です!」と元気に答えていた。


関連記事:意外と落ち着いた風情も持っている?六本木エリアの裏の顔とは

 

■堀江氏も驚きのスピードで進行中

すでに韓国の製作会社の手によってアニメ化や、アメリカへの語学留学など、海外からのオファーが来ている状態。堀江氏もびっくりのスピードで、プロジェクトは進んでいるという。

現在、第二次メンバー募集も開始。六本木に来れば会えるだけのメンバーを残しつつ、海外や日本中に出張するメンバーも確保する方向で、これから両グループのメンバーの数はどんどん増えていくそうだ。

日本だけにとどまらず、世界中で活躍していくであろう九尾狐と東京藍小町。今後の活躍に期待したい。

・合わせて読みたい→

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

この記事の画像(20枚)


あなたにオススメ