しらべぇ

「両親はホテルへ」10時間放置された乳児死亡 「両親不起訴」に怒りと涙

生後3カ月の乳児を自宅に10時間放置しホテルへ。しかし、そんな奇行の両親は「不起訴処分」となった

社会

赤ちゃん

(Jupiterimages/iStock/Thinkstock)

しらべぇでも、レイ法律事務所・高橋知典弁護士の見解を交えて報じた痛ましい事件が、衝撃的な展開を迎えた。

「奇行」とも言える両親の身勝手な行動によって、生後わずか3カ月の乳児の命が奪われたにも関わらず、その裁きの行方に、インターネット上では怒りと悲しみが広がっている。

 

■乳児を放置しホテルへ、両親の「奇行」

事件が起こったのは今年7月16日。36歳の父親と19歳の母親は別居中で、生後3カ月の長男は母親の元で生活していた。

報道によると、16日午後11時頃、母親は長男にミルクを与え、ベビーベッドに寝かしつけると鍵をかけて自宅を出てた。向かった先は、別居中の夫と待ち合わせている大阪市内のホテル。

母親が帰宅したのは、それから約10時間後の翌17日の午前9時頃。長男はベッドでうつ伏せになった状態で息をしておらず、間もなく病院に搬送されるも死亡。

両親は同月18日に「保護責任者遺棄」の疑いで逮捕・起訴されていた。

 

■嫌疑不十分として「不起訴」に

長男の死因が「熱中症」と認定され、大阪地検は「保護責任者遺棄致死」に切り替えて捜査していたが、今月28日「嫌疑不十分」で両親を不起訴処分とした。

報道によると、大阪地検は不起訴処分の理由について「犯罪事実を認定するに足る証拠証拠が十分でなかった」と説明しているという。

 

■「法律って何?」怒りと悲しみ

7月に事件が報じられた際にも、怒号が飛び交った痛ましい事件。しかしながら「両親不起訴」という衝撃的な展開を迎え、インターネット上では改めてなくなった長男を悼む声や、処分に対する不満の声が噴出している。

『Y!ニュース』のコメント欄には…

・はー? なんの証拠が不十分なの? 3ヶ月の赤ちゃんを何時間も置き去りにしたんでしょ? そんなことして不起訴ってなに?! これこそ日本死ねだわ…可哀想すぎる

 

・こんな甘い事ばっかりしてるから虐待がなくならないんだよ。おっぱいしか口に出来ない赤ちゃんだよ? まだ生まれて3ヶ月だよ? 暑い7月の日に10時間とか放置して不起訴? 本当に腐ってる

 

・3か月の時なんてお風呂にゆっくり浸かるのも出来ないくらい、いつ泣くか分からなかったし離れるのが不安だった。夏の暑い時に何時間も放置できるのが信じられない。亡くなった赤ちゃんは1人で怖くてお腹が空いて苦しかったと思う。何故不起訴になったのか分からない

 

・法律って何なんでしょう。誰も救えない。必殺仕事人の方がこのご時世必要な気がしてます

 

と、怒りの声が渦巻く。子育て経験のあるユーザーからは、「生後3ヶ月の乳児」がいかに無力であるかを訴える悲痛な書き込みも。

生後3カ月の乳児を自宅に10時間放置して、たとえその子供が死んだとしても、親は罪に問われないと言うのか。非常にやりきれない。改めて、亡くなった赤ちゃんのご冥福を祈りたい。

・合わせて読みたい→目の前でママが… 子連れ女性に強制わいせつ「犯人不起訴」に非難轟々

(文/しらべぇ編集部・もやこ

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集