子供を預けて飲み会に参加した母親が周囲にされた暴言3選

子供を預けて飲み会に参加した母親女性に心ないことを言う人も…。

((C)写真AC)

母親だって、ときには息抜きをして外出したいものだ。だが中には、母親が飲み会に参加するために子供を預けることに偏見を持つことを言う人もいるのだとか。

しらべぇ取材班は、母親女性たちに「子供を預けて飲み会に参加した時に周囲にされた暴言」を調査してみた。


 

①「育児放棄だ」と笑いのネタにされる

「職場の飲み会で『子供はいいの?』と聞かれたので、預かってもらっていると言ったら、『子供を置いて飲み会に参加するなんて育児放棄だ』と笑いのネタに。


その場では表面的に一緒に笑ったけれど…ひさびさに子供を置いて飲み会に参加しただけで、冗談でも育児放棄と言われるなんて複雑な気分でした」(女性・34歳)


関連記事:「外出したいから子供を見てほしい」と頼んだ時に夫にされた暴言3選

 

②母親が子供から離れるのを「可哀想」という

「独身時代からよく女子会をしていたメンバーで集まる予定を立てていたので、出産後に『私も参加したい!』と言ったら、『子供はどうするの?』と…。


両親に預かってもらえると伝えたら、『えー、子供が可哀想。飲み会なんかより一緒にいてあげなよ』と一方的に言われて、勝手に欠席扱いにされました」(女性・29歳)


③「自分の時間を捨てろ」と持論を語る

「子供を預けて飲み会に来たという話になったら、周りは『いいね、たまには母親だって子供から離れるのも大事だよ』と、かなり温かく言ってくれました。


しかしひとりの男性だけ『俺そういうのヤダな。子供を産んだら、自分の時間を捨てるくらいじゃないと』と…母親は片時も子供から離れちゃいけないの?」(女性・30歳)


▪️時には子供から離れたくなる?

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20代〜60代の子供がいる男女に「子供がいないほうがよかったと思った経験があるか」を聞いたところ、とくに女性が多いという結果に。

子育ては女性が担うものという図式があるため、女性のほうが育児のせいで自由に過ごせない…など、縛られることが多いからかもしれない。

子供

また世間には、父親が飲み会に参加してもなにも言わないが、母親が子供から離れて自分の時間を堪能するだけで「育児放棄」「子供が可哀想」と心ないことを人もいるようだ。

このような押しつけも、女性に「子供がいなければ…」と思わせてしまう原因かもしれない。

・合わせて読みたい→『さんま御殿』東大医学部生の子供を持つ母親登場 人柄に「苦手」との声も

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の子供がいる男女651名(有効回答数)

あなたにオススメ