しらべぇ

草彅剛、翻訳デバイスのイメージキャラに 社長と「まるでお笑いコンビ」

草彅剛がイメージキャラクターに就任したウェアラブル翻訳機。販売を開始するも即完売!

エンタメ

(画像は草彅剛公式twitterのスクリーンショット)

元SMAPの草彅剛6日、ウェアラブル翻訳デバイス『ili(イリー)』の発売を記念したYouTubeの生放送に登場し、イメージキャラクターに就任すると発表。ジャニーズ事務所を退所後、新たなイメージキャラクターの就任は、今回が初だ。 

動画内でカウントダウンし、2018台限定で先行販売された『ili』はわずか1時間で完売。今は1月上旬発送分の予約を受け付けている。

 

■楽しげに製品を紹介

『ili』は、インターネットに繋げずに音声翻訳を行うことができる、世界初の翻訳デバイス。しかし、場所を問わずにワンフレーズを翻訳できる…と言われても、なかなかイメージがつかないだろう。

そこで、『ili』の販売元である株式会社ログバーの吉田社長を招き、商品の実演を始める2人。日本語で話しかけると瞬時に韓国語で翻訳され、思わず驚く場面も。

また、吉田社長と草彅のやりとりが「まるでお笑いコンビ」のようだと、ネットで話題になっている。

「#つよぽんイリー」で翻訳してほしい言葉を募集し、その中から選んだものを次々試してみるなど、SNSを駆使。

ジャニーズ時代には考えられない姿だ。

 

■SMAP解散後もっとも活躍しないと思われていたものの…

SMAPの解散直後である今年1月、しらべぇ編集部では全国の20~60代の男女1351名を対象に、「SMAP解散後もっとも活躍しそうなメンバー」は誰だと思うか調査。

その結果、56.3%もの人が司会としても活躍する中居正広を選んでいる。次いでドラマも活躍する木村拓哉が高い割合であり、草彅は香取慎吾と並んで最下位という結果に。

しかし、蓋を開けてみると草彅、香取、稲垣の3人はSNSの活用し、自分たちの強みを活かすことにより多くのファンの支持を得ている。今後も、今まで見られなかったような新しい活動に期待したい。

・合わせて読みたい→『嘘の戦争』草彅剛の演技に賞賛の声 水落ちシーンも「綺麗」と話題

(文/しらべぇ編集部・ちぃひろ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,351名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集