しらべぇ

「職業に貴賎なしはウソ!」 仕事内容だけでなく雇用形態でも差別か

職業差別の原因は、自分が満たされないはけ口か。

ライフ

職業に貴賎なしはうそ

(©ぱくたそ)

「職業に貴賎なし」と言われるが、自分の仕事に対して、悪い意見を耳にしたことがある人も多いのではないだろうか。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336人に「職業差別について」の調査を実施。

その結果「職業に貴賎なしはうそだと思う」と答えた人は、全体で53.1%もいることが判明したのだ。

 

■介護職やブルーカラーが感じている職業差別

年代が上がるほどに、職業による差別を感じている人が多くなる。

職業に貴賎なしはうそ年代別グラフ

社会で働いているうちに、実感する出来事があったのだろうか。

「介護の仕事をしているけど、軽く見られているのは感じる。重労働なのに世間の扱いまで悪くては、人手不足がもっと深刻になってしまう」(40代・女性)

 

今後さらに需要が求められる、介護の世界。収入面の改善と共に、周囲の意識を変えることも必要のようだ。

また、現場で働く人からも、不満の声が上がる。

「ブルーカラーへの風当たりは、本当に強い。社内でも、事務所と現場の温度差がひどい」(30代・男性)

 

■会社内でも部署や雇用形態で

差別は、会社の中の立場でも起こるという。

「社内で、一部の部署の選民意識が強くて。給与や待遇も変わらないのに、そこにいる人は『自分のほうが偉い』と思っている」(40代・男性)

 

また雇用形態によっても、扱いが変わるのだ。

「派遣で働いていたら、どこに行っても『所詮、派遣だし』って感じ。そういう働き方だから仕方がないのかもしれないけど、わざわざ人のやる気を削ぐことないのに」(30代・女性)

 

■職業でマウンティングしてしまう人

職業差別の根源は、満たされないことへの捌け口だとの意見もある。

「自分の中にも、職業差別をしているところがあるかもしれない。結局、大した仕事をしていないと感じているからこそ、下と思えるような相手を探して、マウンティングしてしまうだけなんだと思う。

 

仕事で充実していれば、人の職業をとやかく言う暇なんてないだろうし」(20代・男性)

 

世の中にあるものやサービスは、携わる人がいるからこそ成り立っている。そのことを、忘れないようにしたいものだ。

・合わせて読みたい→キャバ嬢とは「友達になれないし軽蔑する」という投稿にネット騒然

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集