しらべぇ

今年は忘年会に何回参加する? ビッシリ予定が入っている人も

今年の忘年会、何回行く予定があるか調査を実施。年収別での集計も。

ライフ

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

1年の労をねぎらう忘年会シーズン。普段なかなかお酒を酌み交わす機会が少ない人とも、日頃の悩みなど、じっくりと話すことができる機会。

しらべぇの調査では、忘年会に参加して、締めくくりをパーッと楽しみたいと考えている人は半数近い。では、今シーズン、何回くらい忘年会に参加する予定があるのだろうか?

 

■忘年会の参加予定回数は?

編集部では、忘年会の参加予定がある全国20~60代の男女612名を対象に、具体的な参加回数について調査を実施した。

「2回以上」と回答した人は48.2%で、複数の忘年会に参加する人は半数近く。さらに「3回以上」は22.7%と、仕事や家族だけでなく、友人など、いろいろなコミュニティ単位で開かれる忘年会に、複数参加することは少なくないようだ。

また、12月のスケジュールが飲み会でかなり埋まっているような、「5回以上」は7.6%もいた。

 

■年収と忘年会参加回数の関係

年収別では、3回以上参加すると答えた人が、500万以下は2割を切っているが、500万以上では3割を超える。500万を境界として、参加回数に差が生まれてくるようだ。

友人や家族のほかに、得意先など、仕事関連の付き合いが参加頻度に影響を与えている可能性があるだろう。

忘年会は嫌なことを忘れ、新しい年に備えるための会。しかし、日々のストレスが多すぎると、仕事の愚痴や文句をつまみに飲みがちである。

今年のことはさっぱりと水に流して、せっかくの宴をヤケ酒にせず、楽しい会にしたいものだ。

・合わせて読みたい→面倒くさいから忘年会はいかない?該当者が語る「参加しない理由」4選

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:忘年会の参加予定がある全国20~60代の男女612名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集