しらべぇ

V6岡田准一、ジャニーズ初のLINEライブ 会場の『世界一のクリスマスツリー』は炎上中

プラントハンター・西畠清順とは過去にラジオで共演

エンタメ

クリスマスツリー

(narapornm/iStock/Thinkstock)

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。

7日夜10時から、V6岡田准一くんがLINE LIVEでソロ出演することが決まりました。みなさんご存知の通り、ジャニーズはSNSに消極的な事務所。ジャニーズでLINE LIVEを行うのは岡田くんが初めてです。

しかし、ライブ会場がなぜか炎上中の「世界一のクリスマスツリー」で、ファンから不安の声もあがっています。

 

■ジャニーズ内部でも温度差が

SMAP解散の原因といわれる、ジャニーズ事務所内の派閥。SMAPが属していた飯島派は、飯島元マネージャーがネット配信など新しいメディアにトライしていました。

そのため、飯島派にいたSexy Zoneはドコモのネット配信番組を持ったことも。

一方で、SMAPを解散に追い込んだといわれるメリー喜多川(ジャニーさんのお姉さん)の娘、ジュリーの派閥はSNSやネット配信は反対してきたといわれます。

ジュリー派にいる嵐やTOKIO、関ジャニ∞は、映画やテレビドラマ、紙の雑誌など、昔からあるメディアにばかり出る印象。

 

■V6はネットに寛容?

一方、V6はどちらの派閥にも属さず「ジャニー派」だといわれています。ジュリー派のように反対されることもなかったのか、V6はジャニーズ初のメディアに出ることが多くありました。

代表的な例は、ソーシャルゲーム『ラブセン~V6とヒミツの恋~』。

プレイヤーが広告代理店のOLになり、偶然会ったV6と秘密の恋をしていくゲーム。V6本人たちの写真が使われ、ジャニーズがデジタル配信を嫌うといったイメージを変えました。

そんなV6の岡田くんが、LINE LIVEに登場するのです。もちろんジャニーズ初の試み。

 

■岡田くんの人の好さ

岡田くんがLINE LIVEを行なう場所は、『世界一のクリスマスツリー』。

他県にある樹齢150年のアスナロの木を神戸に植樹して、クリスマスツリーにしようというプロジェクト会場です。ニューヨークのロックフェラーセンターにあるクリスマスツリーよりも高い木を選び、観客も多く動員しています。

しかし、植樹する木は阪神淡路大震災の復興シンボルだといった演出が、ネット民のアンチ偽善魂に火をつけてしまった模様。

「復興のシンボルというくせに、他県の樹齢150年の木を切るのは、命を奪っている」といった意見がネット上に現れました。

糸井重里氏の『ほぼ日刊イトイ新聞』も企画に関わっており、上から目線ともとれるツイートで反応したところ大炎上。

 

■ラジオでの共演が縁?

大阪府出身の岡田くんは、神戸に縁もゆかりもないはず。なぜLINE LIVEの場所として「世界一のクリスマスツリー」を選んだのでしょうか?

じつはこの企画の中心人物、花と植木の卸問屋で自称「プラントハンター」西畠清順氏と、岡田くんは以前ラジオで共演したことがあるそうです。一度知り合いになった人の依頼を、ネット炎上くらいで断らない岡田くん。

自身の出身地、大阪の枚方市にある遊園地『ひらパー』のローカル広告にも出演する岡田くん。大きな予算がかかる映画の大役もこなしながら、個人的な人の繋がりでオファーされる仕事も受ける岡田くんのキャパの広さは魅力です。

口数少ない岡田くんがどんなライブを行うのか? 岡田くんを真っ直ぐ応援するジャニヲタと、揚げ足をとってディスろうと目を光らすネット民によるコメントがぶつかるのは必至。

7日夜10時からのLIVEは、要注目です。

・合わせて読みたい→嵐・二宮が海外の人気ダンサー呼び、絡み合う密着振付にファン大絶賛

(文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集