『陸王』松岡修造の演技が自然すぎると話題 「熱血も演技?」の声も

『陸王』に出演した松岡修造の演技が自然すぎると話題に。一方、意味深な表情には不安の声が。

陸王
(画像提供:(C)TBS『陸王』)

10日、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の第8話が放送された。幾多の困難を乗り越えながら、開発がさらに進んでいくオリジナルランニングシューズ「陸王」

この日、宮沢(役所広司)は「こはぜ屋」の買収を目論む「フェリックス」の御園社長(松岡修造)と会うことに。

 

■これまでの『陸王』

本作は埼玉県行田市で100年以上続きながらも倒産の危機に瀕している足袋業者「こはぜ屋」が、復活をかけてオリジナルランニングシューズ「陸王」の開発に挑む物語。

まったくノウハウのない状態からスタートした足袋作りは、正岡あけみ(阿川佐和子)ら職人の技術と、飯山(寺尾聰)が開発した特殊素材「シルクレイ」のソールへの導入で、少しずつ理想に近づいていた。

やがて宮沢の熱意は周囲に波及し、シューフィッターの村野(市川右團次)や埼玉中央銀行行田支店の銀行員・大橋(馬場徹)など、当初はライバル企業にいたり、敵対関係にあった人物も巻き込んでいくことに。

しかし、「シルクレイ」製造機が故障し、新たに必用な資金1億円が銀行から融資してもらえず。「こはぜ屋」は最大の窮地に直面することとなる。

 

■市民マラソンに参加 坂本の参戦にネット歓喜

シルクレイ製造機が故障し、最大のピンチに追い込まれた「こはぜ屋」。元融資担当の坂本(風間俊介)からは会社の売却を提案され、宮沢は激怒する。

そんな中、江幡(天野義久)が近々開催される市民駅伝に参加することを提案。「陸王」が人の目に触れることを期待し、宮沢は参加することを決める。

しかし当日、安田(内村遥)が脚をケガしていることが判明。棄権するかに思えたが、そこで坂本が登場し、代わりに走ることになる。

運動の苦手な彼はフォームもおかしいが、「陸王」開発時に誰よりも多くの試作品を履き、走っていたことを宮沢は思い出す。そしてチーム陸王は無事、タスキを繋いだのだった。

会社売却をめぐって、ずっと信頼してきた坂本のことを一時的に信じられなく鳴っていた宮沢。それだけにこの胸熱な展開には、ネット上では坂本に歓喜する声が殺到している。

次ページ
■「フェリックス社」と世界を相手にビジネスを?

あなたにオススメ