壮大な伏線回収の『刑事ゆがみ』 らしさ溢れる結末に続編望む声が続々

浅野忠信、神木隆之介、稲森いずみ、山本美月のメインキャスト陣に加え、ラスボス・オダギリジョーの演技も…

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

浅野忠信演じる刑事・弓神適当と神木隆之介演じる若手刑事・羽生虎夫の新しいバディの形が、多くの支持を集めてきた『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)。

14日、謎を深めた第9話から続く形で、最終回が放送された。

■弓神が守りたかったものは

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

ヒズミ(山本美月)の収容された病院から逃げ出した弓神(浅野忠信)の行方がわからないまま、資産家の元医師・薮田恒男(渡辺哲)を殺害したのは、死んだはずの作家・横島不二実(オダギリジョー)であること、横島の死が弓神によって偽装されたことが明らかに。菅能(稲森いずみ)や羽生(神木隆之介)らうきよ署強行犯係は、横島と共に弓神の行方を追う。

数日後、ヒズミが突然病院からいなくなり、筆談用のボードには「もう元気になりました」という文字と、ロイコ事件で殺害現場に残されていたものと同じカタツムリのマークが描かれていた。

一方、弓神は「ロイコの部屋」サイトで、「空飛ぶサンタを見たい人募集。豪傑で強靭な男性優遇」という募集告知を発見。横島が書いた小説『聖なる夜空にサンタが舞う』の中にも、「豪傑で強靭な男たちがやってきて、その刑事を襲った」という描写を見つけ、横島が犯行を続けるつもりであることを確信。

菅能が気づいた漫画喫茶の領収書から、弓神を確保した羽生だが「お前か俺のどっちかが狙われているんだよ」と告げられ、弓神を信じて共に捜査することを選ぶ。

横島の行方を追いつつ、7年前にヒズミの両親である河合武(渋川清彦)・伊代(酒井美紀)夫妻が殺された「ロイコ事件」の真相を探る羽生は、菅能と共に訪れた横島の元担当編集者の話から、武が横島のゴーストライターだったこと、生前に酔った武が「仕事も生活も横島のゴーストだ」と語っていたことを知る。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

「ロイコ事件」の真相に迫る中、横島が仕掛けた弓神・羽生の襲撃が実行され、羽生はヒズミと共に横島に捕らわれてしまう。それに気づいた弓神は菅能に連絡し、菅能は多々木(仁科貴)・町尾(橋本淳)と襲撃者たちを逮捕。横島に殺されかけていた、弓神・羽生・ヒズミを救った。

逃亡した横島を追った羽生は、弓神とアジトを張り込みながら「ロイコ事件」の真相について、弓神はヒズミの将来を守るために真相を隠し、横島を死んだことにした――と自らの推理を語るが、肝心な部分を弓神は認めようとしない。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

その頃、ヒズミは菅能に7年前の両親の死は、父が母を刺し、自分も殺そうとしていた父をバットで撲殺したと告白し、菅能はそのことを羽生に伝える。

羽生が弓神にヒズミが自白したことを告げると、観念した弓神は真相を認め、隠蔽工作のために犯した罪で自分を逮捕するよう迫る――が、時効は成立していた。

事件を起こした際に12歳だったヒズミは罪に問われず、記憶だけでなく声も取り戻す。そして弓神は降格しても警官を辞めず、昇進した羽生が采配する事件現場で再会。立場が変わっても、変わらない掛け合いを見せて、ドラマは幕を閉じた。

■オダギリジョーの狂気が

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

ラスボス・横島をオダギリジョーが演じる時点で、多くのドラマウォッチャーが期待を膨らませていたが、予想以上の狂気っぷり。

まず序盤、サンタコスで壁をぶち破る「ヒャッハー」状態に沸く。

また、ヒズミに会った際の回想シーンでは、

その後、ヒズミの前で本性を出し始めたシーンでは、そのえげつなさに「ヤバすぎ」「最高」と称賛するコメントで溢れた。

主演が浅野忠信、ラスボスがオダギリジョーというだけでも、これまで「地上波でいいんですか?」「お金払いたい」という声がチラホラしていたが、

https://twitter.com/_minikko/status/941311335505244163

ヒズミの父・武を演じる渋川清彦(KEE)まで加わり、映画ファンほどその豪華さ噛みしめていたもよう。

次ページ
■強行犯係それぞれのキャラが

この記事の画像(10枚)

あなたにオススメ