壮大な伏線回収の『刑事ゆがみ』 らしさ溢れる結末に続編望む声が続々

浅野忠信、神木隆之介、稲森いずみ、山本美月のメインキャスト陣に加え、ラスボス・オダギリジョーの演技も…

 

■強行犯係それぞれのキャラが

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

弓神が逃走し、強行犯係がチームで活躍することにも期待が集まった今回。

まずは菅能姉さんが、密かに弓神と連携を取りながらも、それを隠す羽生を見守る素敵上司な様子に…

弓神・羽生を助け出すため、襲撃犯のアジトに踏み込むシーンのアクションもカッコイイ。

しかし、その際に破れたボトムをなぜだか繕うのが、町尾!?

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

菅能姉さんが格闘し、服が破れるコメディがあるのはわかるが、この最終回の緊迫感の中で、町尾がソーイングセット広げるとか、愉快すぎる。

また、多々木がかなり強いことも判明。

https://twitter.com/Y17_Sep16_20/status/941297118949515264

しかも、眼鏡を外すとパワーアップするもよう。

本編ではフォーカスされるシーンがあまりなかったが、この2人がムチャな捜査をする弓神・羽生をこっそりフォローしているスピンオフとか、見たい人は少なくないはず。

また、羽生の童貞ネタは多くのファンが期待した通り、最後までキッチリ。横島に命乞いをするセリフでは…

https://twitter.com/__24r__/status/941306582742077440

そして、ラストまで降格処分された弓神にいじられる。

https://twitter.com/Mineta_Jirai/status/941322400880197635

https://twitter.com/zaq0313/status/941305165000327168

このやり取りに、事件の顛末の切なさから救われた気持ちになる人が多かった。


 

■ヒズミの声に思わず

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

大方の予想通りヒズミは加害者だったが、想像以上に悲しすぎる背景で、記憶や声を失っていたのも納得。

視聴者としては、これまでの演技ですっかり声の出ない役に入り込んでいたこともあり、最後に「ありがとう」と声を出した瞬間、TLはどよめく。

また、ヒズミの子供時代を演じた牧野羽咲ちゃんの「そっくり」具合に、驚く声も大量発生した。

次ページ
■第1話と同じセリフなど伏線回収が…

この記事の画像(10枚)

あなたにオススメ