しらべぇ

『ドクターX』感動の最終回も…西田敏行に「続編あっても出ない?」の声

米倉涼子主演ドラマ『ドクターX』の第5シーズンの最終回が放送。はやくも続編を望む声。

エンタメ

ドクターX

14日、米倉涼子主演ドラマ『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの最終話が放送された。

最終回に相応しい内容に、ネット上では賞賛の声が殺到している。

 

■余命三ヶ月の未知子がオペを…!?

大門未知子(米倉涼子)が突然倒れる。「名医紹介所」所長の神原晶(岸部一徳)や、親友の城之内博美(内田有紀)が心配する中、後腹膜肉腫のステージ3であることが判明。もって三ヶ月という病状だった。

その一方、「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんで「東帝大学病院」で手術を受けることに。

「腹腔鏡の魔術師」こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が当初は受けることになるが、未知子に断られてしまう。

その後、未知子が直々に蛭間院長のもとにやって来て、薬を投与して痛みを抑えることで執刀は可能と宣言。「出入り禁止」は一時解除になる。

 

■余命三ヶ月で手術に成功

表面上の執刀医に指名された西山(永山絢斗)は父親である内神田に対し、本当は失敗しない外科医にオペしてほしいが、自身の立場がそれを許さないだけではないかと指摘。

そして手術当日。腹痛でオペ開始時刻に大門が来ないと、西山が代わりに執刀を開始する。しかし、困難な手術にインオペやむなし……というところで大門が登場。

内神田の命を無事救うことに成功した未知子は痛みで倒れる。意識が朦朧とするなか、「私、患者でも失敗しないので」との言葉とともに西山を執刀医に指名。

その後、加地や海老名(遠藤憲一)、森本(田中圭)、原(鈴木浩介)ら総出で手術を開始。結果は成功し、未知子はキューバに行くことに。なお、蛭間と内神田は逮捕されたのだった。

 

■晶さんとのやり取りに泣かされる

岸部一徳

体調がすぐれないにも関わらずオペのために日本に残った未知子。そんな彼女に最後まで反対したのが晶さんだった。

ボストンにいる優秀な医者たちにスケジュールをあけてもらったにも関わらず、その前日に内神田のオペを入れた未知子。

「患者のためならなんだってするのに、自分のことはどうして後回しにするの! あんただって患者なのよ未知子!」

 

と言うと、自身がオペをすると言い出す。しかし、それが不可能であることが自分自身が一番良くわかっていた。そして……

「悔しい…悔しい。いちばん大事なときに、いちばん大事な愛弟子のオペができないなんて、なんのために医者になったのかわかりやしない…」

 

「あなたにはもっと生きていてもらいたい」

 

と、素直な気持ちを吐露したのだった。この師弟あふれる愛やり取りに、ネット上では感動の声が相次いでいる。

 

■「どすこいどすこい!」に視聴者爆笑&感動

鈴木浩介

感動的なエピソード一方で、ユーモアあふれるシーンも。その中のひとつが焼肉屋での一幕だろう。

病気になった未知子の人生について語る加地ら。「いざ自分が病気になったら誰も治してくれる人がいない」と嘆く原の言葉をきっかけに、「大門のオペは俺がやる!」と加地が宣言し、海老名や森本、原もそれに同調。

「全員でちょっとずつ切ってやろうじゃないか!」と加地が謎の発言をすると、一旦は「お相撲さんの断髪式じゃないんですから」と原が否定するが、「どすこいどすこいですよ!」と森本がさらに否定。

そして4人は「どすこいどすこい!」と大声で叫んだのだった。この行動にネット上では笑いの声が相次ぐことに。

相撲業界が最近なにかと騒がしいだけになかなか攻めたセリフと言えそうだが、ノンアルコールで乾杯する4人にプロ意識を垣間見た人も。

 

■次シーズンに期待もあのキャストはもう出ない?

視聴率的にも優れた結果を残した『ドクターX』第5シーズン。本編終了後には、はやくも続編を期待する声がネット上で数多く見られた。

その一方で、蛭間院長が逮捕されて終わったことに対し、「もし続編があっても西田敏行は出ないのではないか」との不安の声も。

メロンと請求書のやり取りは本作の見どころのひとつなだけに、なんとか次シーズンでもお願いしたいものだが……。

次、大門未知子に会えるのはいつになるのか。第6シーズンが1クールでもはやく作られることを願いたい。

《これまでに配信した『ドクターX』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『ドクターX』記念写真で「朝まで御意」 「今夜も忖度!」横断幕にも反響

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集